ホワイトレースフラワーってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Ammi majus
分 類セリ科 アミ属
原産地地中海沿岸から西アジア
別 名レースフラワー
和 名ホワイトレースフラワー 毒芹擬(どくぜりもどき)
英 名Queen Anne’s Lace (クイーンアンナズレース)

Bishop’s Weed (ビショップズウィード)

White Dill(ホワイトデル)

花言葉悲哀 可憐な心 こまやかな愛情 優雅なたしなみ 感謝 など
出回り時期周年
開花時期4月〜6月
水揚げ方法水切り 湯揚げ

どんな花?

レースフラワーという名前とは全く違う毒芹擬(どくぜりもどき)という和名がついているのは、全草に有毒物質を含んでいて、牛馬が食べると中毒を起こすことからです。種子には健胃、強壮、理療の効果があると言われており、欧州では古くから薬として利用されているそうです。

よく似た植物でブルーレースフラワーピンクレースフラワーと呼ばれる花がありますがホワイトレースフラワーとは別の植物でホワイトレースフラワーがセリ科アミ属の植物でブルーレースフラワーがセリ科トラキメネ属の植物です。

ホワイトレースフラワーの花言葉

【感謝】【こまやかな愛情】

【可憐なこころ】【優雅なたしなみ】

長く楽しむには?

葉や蕾は水下がりしやすいですが花自体は丈夫です。切り花の中でも鑑賞期間が長い方です。細かい花粉が落ちるので飾る際には注意しましょう。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

ホワイトレースフラワーは簡単で綺麗にドライフラワーにもなり、長く楽しむことができます。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

ホワイトレースフラワーの種類

ホワイトレースフラワーという名前ですがホワイト系以外の花色も紛らわしいですがあります。またよく似た切り花でブルーレースフラワーというのがありますが、こちらも紛らわしいですが、ホワイトレースフラワーのブルー系ではなく、違う植物になります。(ホワイトレースフラワーがセリ科アミ属の植物でブルーレースフラワーがセリ科トラキメネ属の植物です。)

replant.tokyo

学 名 Trachymene caerulea 分 類 セリ科 トラキメラ属 原産地 オーストラリア […]…

レッド系

  • ダウカスブラックナイト 
  • ダウカスボルドー 
  • ブラックレース など

グリーン系

  • グリーンミスト 
  • グリーンレース 
  • パセレース など

ホワイト系

  • カサブランカ 
  • ダウカスホワイト 
  • ダウカスロビン 
  • キャロットフラワー など

さいごに

ふんわりと四方に花火のような優しい雰囲気と空気感のある花姿が魅力的な切り花のホワイトレースフラワーはホワイトという名前がついているからホワイト系しかないと思われがちですが他の花色も若干ですが流通しています。花姿は同じ感じですがホワイト系と違った同じ切り花でも雰囲気があります。

通常、お花屋さんに出回っているホワイトレースフラワーは丈の長さが1m以下の切り花がほとんですが生産地では1m50㎝ぐらいで花部分の大きさが人の顔ぐらいある巨大なホワイトレースフラワーもあります。

一本でも、雰囲気があり、数本まとめて飾っても綺麗な切り花です。フラワーデザインで使う際には、あまり他の花と花の隙間に埋め込んでしまわないように、その雰囲気をそこわないように空気感が出るような使い方をするとホワイトレースフラワーの魅力がでると思います。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!