暑い夏にも切り花を長く楽しむ方法は?

夏になると気温も上がり、切り花には厳しい季節になります。切り花が持たない、すぐに枯れてしまうなんて経験したことある人も多いかと思います。

残念ながら、冬場の寒い季節に比べると夏のような暑い時期は花保ちが悪くなります。

それでも夏にも切り花を楽しみたいって人も多いですし、せっかくなら長くという人も多いと思います。そんな人へ、夏でも切り花をできるだけ長く楽しむ方法をご紹介したいと思います。

なんで暑いと切り花が持たないの?

まずは、暑い時期だと花保ちが悪くなると思ったことはないでしょうか?その原因を説明したいと思います。

また、切り花によっては暑さに弱い切り花もあります。そういった切り花は夏だとどんなことをしても花保ちは良くならないの注意が必要です。

暑いと水分が蒸発してしまう

切り花は水を吸い上げて、花や葉、茎などといったところに循環させています。水分が蒸発してしまうというと、花瓶の水が暑さによって、蒸発して少なくなってしまうと思われるかもしれません。それも1つの原因ですが、水分が含まれている花や葉、茎からも水分が蒸発してしまいます。

蒸発を防ぐには切り花の全体に軽く霧吹きをしたり、花瓶の水を補充したりと水分補給する方法や余計な葉を取り除いたりして、余分なところに水がいかないようにすることで蒸発を防ぐことができます。

水分補給と不要な葉などは取り除く!!

バクテリアの繁殖を抑えよう

バクテリアと言われても分かりづらいかもしれませんが、バクテリアが繁殖してしまうと茎の中にある導管(水を通すところ)がバクテリア自体とバクテリアが出す排泄物で詰まってしまい、水が切り花全体にいき届かなくなってしまいます。

暑い夏では水の水温も上がってしまいバクテリアが繁殖しやすい環境になります。バクテリアが繁殖すると水が濁ったり、切り花の茎が腐ったりしまいます。バクテリアの繁殖を抑えることが花保ちをよくします。

バクテリアの繁殖を押させるには、こまめな水換えとなるべく涼しいところに飾ることや、糖分の少ない品質保持剤などでバクテリアを抑えることができます。

こまめな水換えと涼しいところに飾る。場合によっては品質保持剤!!

長く楽しむには?

夏でも切り花をできるだけ長く楽しむには水分の蒸発バクテリアの繁殖を抑えることがポイントになります。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

こまめな水換え

こまめな水換えはとても効果的で重要度が高いポイントになります。

水換えを行うことでバクテリアの繁殖を抑えることと水分を補うことができます。夏場だけではなく、綺麗な水は切り花の花保ちをよくしてくれます。

綺麗な水は花保ちをよくする!!

涼しく風通しのいいところに飾る

こちらも、できるだけ涼しいところに飾ることによって、バクテリアの繁殖を抑え、水分の蒸発を抑えることができます。

また、暑いところに飾ると花瓶の水が蒸発して、切り花が多く飾れていると湿気がたまり、蒸れてしまいカビたりしてしまいます。風通しがいいところに飾ることでそれらのことを防ぐことができます。

湿度や蒸れにも注意!!

品質保持剤には注意して

本来は品質保持剤は花保ちをよくするものですが、夏の暑い時期は裏目に出てしまうこともあります。品質保持剤の中には糖分が含まれていますが、これが原因で気温が高くなるとバクテリアの繁殖させてしまうことがあります。

また、品質保持剤が全ての切り花にいいと思われがちですが、有効な切り花とあまり効果のない切り花あります。

品質保持剤を使う際には、糖分の少ないものを!!

暑さに強い切り花を選ぶのも1つ

暑さに強い切り花を使うと花保ちがよく、夏でも比較的長く切り花を楽しむことができます。

しかし、暑さに強い切り花でもバクテリアの繁殖や水分の蒸発はしますので水換えや飾るところには注意が必要で放置していても長く保ちということはないので注意してくださいね。

関連記事

夏の花といえば向日葵(ひまわり)が代表的かもしれませんが、暑い夏に咲く花は向日葵(ひまわり)以外にもたくさんあります。しかも切り花だと夏には咲かないような花でも夏のイメージにぴったりな花がたくさんあります。夏になると気温が上[…]

ラン系の切り花

世界各地の熱帯地域に生息しているランは個性的な花の形と花色が特徴的な切り花です。たくさんの品種があり、その多くの品種が丈夫で花保ちがいいのが特徴です。

夏の暑い時期でもその丈夫さから花保ちもよく、また夏のイメージもぴったりな切り花です。

関連記事

ランの花というと鉢物のイメージもあるかと思いますが切り花としても多くの種類がお花屋さんに売られています。用途は多く、冠婚葬祭の様々なシーンで使わられています。胡蝶蘭は開店祝いなどの多くのシーンで贈られているので知っている人も[…]

ワイルドフラワー系の切り花

オーストラリアや、南アフリカに生息する植物を総称してワイルドフラワーと呼ばれています。さまざまな品種があり、見た目も個性的でインパクトがあるワイルドフラワーは花保ちがいい品種が多いです。

乾燥させて、ドライフラワーにも簡単にすることができるので生花で楽しんだ後も楽しむことができます。

関連記事

ワイルドフラワーって聞くと聞いたことあるような気がしますが一体どんなお花かは想像しにくいかもしれません。日本には世界各国からのお花(切花)が集まります。そのなかにもワイルドフラワーはたくさん存在していますので比較的簡単に手に入れるこ[…]

ドライフラワーになる切り花もおすすめ

切り花の中にはドライフラワーになってもあまり見た目が変わらないものも多くあります。忙しいくて生花の切り花だと手入れができない人はドライフラワーというのもいいかもしれません。

先ほど、ご紹介したワイルドフラワー系の切り花以外のも夏の時期にはドライフラワーになりやすい切り花も多くあります。また、最近ではドライフラワー専門店なんかもありますし、Amazonや楽天などネットショップでも多くのものが取り扱われています。

関連記事

お花屋さんで切り花を買ったり、プレゼントでブーケをもらったりして、ご自宅に花を飾ってもすぐに枯れてしまったりすることがあった人は多いと思います。現在、切り花で流通している品種はたくさんあり、すべての花が同じような鑑賞期間があ[…]

さいごに

夏でもできるだけ長く切り花を楽しむ方法をご紹介させていただきました。たしかに冬場に比べると花保ちがわるくなることは確かです。しかし、生花の切り花にしかない魅力もあります。

ポイントはこまめな水換えと風通しがよく涼しいところに飾ることです。

忙しいと水換えを忘れてしまったり、めんどくさくなってしまう人は、ドライフラワーやプリザーブドフラワーといった水を必要としない花のほうがいいかもしれません。スワッグやハーバリウムもあまりメンテナンスしなくていいのでおすすめです。

おすすめ書籍

 

最新情報をチェックしよう!