スーターリンジアってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Stirlingia latifolia stead
分 類ヤマモガシ科 スティルリンギア(スターリンジア)属
原産地オーストラリア など
和 名スターリンジア
英 名stirlingia flower(スターリンジアフラワー)
花言葉純潔 あどけなさ 親愛の情 など
出回り時期9月〜12月
開花時期9月〜11月
水揚げ方法水切り

どんな花?

オーストラリアの砂や小石がある砂礫(されき)の原野に生息する植物のスターリンジアは、プロテア などのワイルドフラワーと同じヤマモガシ科の植物で、切り花だと染めてあるものが出回っていますが本来は、シルバーグレイの花色になります。

スターリンジアという名前が最近では一般的ですが、スティルリンギアという名前でも出回ってあることがありますが、どちらも同じスターリンジアのことになります。

どんな花?

【純潔】【あどけなさ】【親愛の情】

スターリンジアの花言葉

スターリンジアは、特に何もしなくても丈夫で、花保ちがいい切り花です。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

また、見た目があまり変わらないでドライフラワーになりますので、ドライにすることでより長く楽しむことができます。

関連記事

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させることで鑑賞期間を長める目的もあり、水を与えることがないので管理しやすく、手軽なことからインテリアや装飾などに使われることが多いです。最[…]

スターリンジアの種類

スターリンジアは、ナチュラルな色意外に、専用の染料で染めたスターリンジアも出回っています。染めてあるスターリンジアも色があまり落ちないでドライフラワーになります。

長く楽しむには?

  • スターリンジア
  • スターリンジア(染めピンク)
  • スターリンジア(染めブルー)
  • スターリンジア(染めイエロー)
  • スターリンジア(染めブラック) など

スターリンジアの種類

スターリンジアは、あまり馴染みがない切り花かもしれませんが、オーストラリア原産のワイルドフラワーの一種になります。かすみ草のような雰囲気があり、花は細かい毛に覆われているのでふわふわと可愛らしいです。

また、切り花としての出回り時期は、短いですが見た目もあまり変わらず、簡単にドライフラワーになるので長い期間楽しむことができます。

染めたスターリンジアはいろんな色があるのと、ドライフラワーになるのでスワッグの花材としても人気が高く、花が小さいこともあり、ハーバリウムの花材としても人気があります。

スターリンジアの品種

最新情報をチェックしよう!