瑠璃玉薊(るりだまあざみ)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Echinops ritro
分 類キク科 エキノプス属
原産地西アジア 東南ヨーロッパ
和 名瑠璃玉薊(るりだまあざみ)  裏白平江帯(うらじろひごだい)
英 名Blue ball(ブルーボール) small globe thistle(スモールグローブシズル)
花言葉権威 鋭敏 傷つく心 独り立ち 豊かな感情
出回り時期7月〜9月
開花時期7月〜9月
水揚げ方法水切り 焼き揚げ

どんな花?

瑠璃玉薊(るりだまあざみ)は英語ではsmall globe thistle(スモールグローブシズル)といい、お花屋さんなどではブルーボールという名前で売られていることが多いです。アザミという名前が付いてますがアザミ属ではなく、エキノプス属になります。

エキノプスの名前の由来はギリシャ語でエキノスは“ハリネズミ”の意味とオプスという“〜に似た”という意味の言葉から由来しています。ハリネズミのような花がエキノプスとなりますね。花が咲く前はトゲトゲしていてまるでハリネズミの針のようで触るとすこし痛いぐらいです。また葉もトゲトゲしているので触るときは注意が必要です。

周年通してある花ではなく春〜夏にかけてしか出回らない季節限定の切花です。

琉璃玉薊(るりだまあざみ)の花言葉

【権威】【鋭敏】

【傷つく心】【独り立ち】

【豊かな感情】

長く楽しむには?

夏の暑い時期に爽やかな青い花が咲く瑠璃玉薊(るりだまあざみ)は比較的花もちもよく丈夫な花です。注意することは茎が綿毛が密生しているので水が汚れやすいのでバクテリアの影響が受けやすくなります。

気温が上がるようなところはできるだけ避け、涼しいところに飾りこまめに水換えをしたり、花も長く楽しむための薬の品質保持剤を使うことで長く楽しむことができます。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

また、ドライフラワーにもなるのでおすすめです。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

瑠璃玉薊(るりだまあざみ)の種類

瑠璃玉薊(るりだまあざみ)のほとんどが品種は少なく、ブルー系の花色になり、シルバー系のルリダマアザミも少し青みがかった色合いです。

ブルー系

  • ベッチーズブルー
  • プラチナブルー
  • リトロ など

シルバー系

  • ブルーグロー など

さいごに

瑠璃玉薊(るりだまあざみ)という名前がおしゃれな感じがする花ですが形もトゲトゲしていて可愛らしいのかそうでないのかは人によって違うと思います。また葉もトゲトゲしているのでまさに触るな危険という言葉が似合う花です。花色はブルーから白っぽくグラデーションになっていて綺麗です。

個性的な雰囲気のある瑠璃玉薊(るりだまあざみ)はフラワーデザインでも人気のある花材です。フラワーアレンジメントやブーケでも、すこしアクセントをつけたい時や青い花を使いたいときには重宝します。

また、ドライフラワーにも比較的簡単にすることができるのでスワッグやドライリースなどのフラワーデザインにも使うことができます。花の中で少ない色の青い瑠璃玉薊(るりだまあざみ)は季節限定の切花になりますのでお買い求めの際には注意してくださいね。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!