千両(せんりょう)ってどんな花木?花言葉・由来・種類について!!

学 名Sarcandra glabra
分 類センリョウ科 センリョウ属
原産地日本 台湾 中国 インド マレーシア など
別 名仙寥花(せんりょうか) 草珊瑚(くささんご) 

仙霊草(せんれんそう) 竹節草(たけふしそう)

和 名千両(せんりょう) 
英 名Japanese Sarcandra(ジャパニーズサルカンドラ) 
花言葉富 利益 財産 富貴 可憐 裕福 恵まれた才能 など
出回り時期12月〜1月
開花時期5月〜6月
水揚げ方法茎を叩く 湯揚げ

どんな花木?

千両(せんりょう)は、ヤブコウジ科の万両(まんりょう)に対しての意味になります。どちらも名前が似ていますが違う植物になります。また別名になる草珊瑚(くささんご)は、実が珊瑚に似ていることが由来と言われています。

千両(せんりょう)には、赤い実のもの以外に黄色い実のものもあり、これを黄実千両(きみのせんりょう)と言います。

千両(せんりょう)の花言葉

【富】【利益】【財産】

【富貴】【可憐】【裕福】

【恵まれた才能】

長く楽しむには?

千両(せんりょう)は、水上がりが悪い切り花で水揚げ作業が重要になります。しっかり水揚げがされたものを選ぶと保ちがよくなります。また古く黒くなった葉は取り除くと見た目も綺麗になりますし、保ちもよくなります。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

千両(せんりょう)の種類

十両、百両、千両、万両という名前の植物がありますが、これらは全て違う植物で、千両(せんりょう)には、赤い実をつけるもの以外にも黄色い実のものもあります。どちらも切り花としても流通しています。

千両(せんりょう)の品種

  • 千両(レッド系)
  • 千両鎌付(レッド系)
  • 千両(イエロー系)
  • 千両鎌付(イエロー系)
  • 山千両
  • 紅たてやま など

さいごに

千両(せんりょう)は、名前から縁起がいいので、めでたい花材とされ、お正月の花として欠かせない祝儀花のひとつになります。

そのため、お正月の用途以外には使いづらい切り花になりますが、赤や黄色の実がとても可愛らしい切り花です。

フラワーデザインで使う際にも、お正月のアレンジメントや生け込みなどに使われることが多く、千両(せんりょう)は切り花だとさまざまな長さのものが流通しています。そのため、いろんな大きさの作品に使えるもの魅力の一つだと思います。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!