珊瑚水木(さんごみずき)ってどんな花木?花言葉・由来・種類について!!

学 名Cornus alba var. sibirica
分 類ミズキ科 ミズキ属
原産地中国北東部 シベリア 朝鮮半島北部
和 名珊瑚水木(サンゴミズキ) 白玉水木(しらたまみずき)
英 名Tartaric dogwood(タータリアンドッグウッド) 
花言葉耐久 洗脳 成熟した精神 など
出回り時期9月〜2月
開花時期5月〜6月
水揚げ方法空切り 水切り

どんな花木?

葉が落ちた後、霜が降りるころに枝が紅珊瑚色に変わることから、珊瑚水木(さんごみずき)というのが名前の由来となっています。お花屋さんにでは、サンゴモミジやアカボウと呼ばれたりもします。

ミズキ科の植物のほとんどが実が赤く熟しますが、珊瑚水木(さんごみずき)は、実が白く熟すことから白玉水木(シラタマミズキ)と呼ばれ、本来はこちらが正式名称になります。

日本に来たのは明治時代と言われ、主に庭木として、普及しました。

珊瑚水木(さんごみずき)の花言葉

【耐久】【洗脳】

【成熟した精神】

長く楽しむには?

珊瑚水木(さんごみずき)は、丈夫な枝ものなので、特に気をつける部分はありません。

水に浸けていると、根が生えてきたり、葉が出てきたりと切り花の中でも生命力が強いです。

また、水に浸けていなくても、丈夫なのである程度の期間は見た目が変わることはないです。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

珊瑚水木(さんごみずき)の種類

珊瑚水木(さんごみずき)は、花が付いている時期の出荷はなく、葉が落ちて枝が赤く色づいた状態で出荷されます。多く見るのは枝が赤く染まった状態の珊瑚水木(さんごみずき)が多いですが、そのほかにもイエロー系やブラック系も流通しています。

レッド系

  • サンゴミズキ(レッド)
  • ウェストンバード など

イエロー系

  • サンゴミズキ(イエロー) など

ブラック系

  • サンゴミズキ(ブラック) など

さいごに

赤く染まった枝が特徴的な珊瑚水木(さんごみずき)は丈夫で保ちがいい枝ものとして、人気がある切り花になります。特に飾る際の注意点もなく、水に浸けていれば根や葉が生えてくるほど、生命力があります。

枝のラインがまっすぐなので、ボリュームがある方ではないですが、大きさは短いものから長いものまで豊富にありますので、飾る場所に合わせるといいと思います。

また、クリスマスシーズンのディスプレイにも赤く染まった枝がよく合います。

フラワーデザインでも、使いやすい枝もので、さらにいろんな使い方ができるので人気がある枝ものになります。直線的なラインは場合によっては使いづらいかもしれませんが、多少ならタメてラインにカーブをつけることができますし、水に漬けなくてもしばらくは、変わらないのでブーケのベースに使ったり、リースの土台に使ったりと加工して使うこともできます。

アイディア次第でいろんな使い方ができるのも、珊瑚水木(さんごみずき)の魅力の一つだと思います。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!