ライスフラワーってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Ozothamnus rosmarinifolius
分 類キク科 オゾタムヌス属
原産地オーストラリア 南アフリカ
別 名White dogwood(ホワイトドッグウッド) Sago flower(サゴブッシュ)
和 名ライスフラワー
英 名Rice flower(ライスフラワー)
花言葉豊かな実り 豊かさ
出回り時期8〜12月
開花時期4〜5月
水揚げ方法水切り

どんな花?

ライスフラワーはその名の通り白い米粒のそうな花が密集して咲くことから名付けられた名前でオーストラリアのニューサウスウェールズやクイーンズランドが原産のワイルドフラワーです。

切り花で生花としてもお花屋さんで売られていますが、ドライフラワーとしても人気が高い花材です。

ライスフラワーの花言葉

【豊かな実り】【豊かさ

長く楽しむには?

花保ちはいいですが水下がりはしやすく、細かい葉がポロポロ落ちてくるので先に軽く降って落とせる葉を落としておくと多でしょう。また茎や葉で水が汚れやすいのでこまめに水換えするといいと思います。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

ライスフラワーはドライフラワーにもなりますが、葉はポロポロと落ちてしまうので先にほとんどの葉を取ってからドライにするといいでしょう。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

ライスフラワーの種類

ライスフラワーは種類はほとんどがピンク系またはホワイト系のものになります。

ピンク系

  • クックストールピンク など

ホワイト系

  • クックスパールホワイト など

ブラウン系

  • サックスシルバー  など

さいごに

花色が白から淡いピンクなのでウェディングブーケの花材としても人気がある花でメインの花とはならないですが名脇役として抜群に使いやすく、他の花を引き立ててくれます。

お花屋さんで売れられているライスフラワーは1本でもボリュームがあるものもあるので大きく飾ることができます。しかし、この花は細かい葉がポロポロとよく落ちてしまうので自宅に飾る際にはカーペットなどの上に飾ったりするのは、落ちた葉がなかなか取れないので避けたほうがいいと思います。

フラワーデザインではフィラフラワーとして使うのが一般的でメイン花材という感じではないですがグルーピングすることによって存在感を高めることができます。茎の長さが長いものもあるので大きなデザインの作品でも比較的使いやすいです。

その他のワイルドフラワーはこちら

replant.tokyo

ワイルドフラワーって聞くと聞いたことあるような気がしますが一体どんなお花かは想像しにくいかもしれませ […]…

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!