女郎花(おみなえし)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Patrinia scabiosifolia
分 類オミナエシ科 オミナエシ属
原産地日本 東アジア など
和 名女郎花(おみなえし)  女飯(おんなめし) 粟花(あわはな) 血目草(ちめぐさ)
英 名Yellow patrinia(イエローパトリニア) Scabious patrinia(スカビオサパトリニア)
花言葉美人 永久 親切 佳人 忍耐 美しさ 心づくし はかない恋 など
出回り時期7月〜10月
開花時期6月〜9月
水揚げ方法水切り 湯揚げ

どんな花?

優美な花姿が女性に例えらる女郎花(おみなえし)の名前の由来は「おみな」が女や若い娘という意味で「へし(えし)」はなるべしという意味と「べし」は花の形が粟飯に似ていることから飯という言葉が転化したとも言われています。

古名は粟花(あわはな)や血目草(ちめぐさ)などと言われ、漢名は敗醤といい、もともとは女郎花(おみなえし)に似た白い花を咲かせる「男郎花(おとこえし)」の漢名でした。

日本にも自生し秋の七草としても知られています。

女郎花(おみなえし)の花言葉

【美人】【永久】【親切】

【佳人】【忍耐】【美しさ】

心づくし】【はかない恋】

【約束を守る】

長く楽しむには?

女郎花(おみなえし)は花保ちもよく、丈夫な切り花ですが、花がポロポロと散ってくるので飾る場所には気をつけましょう。また葉が痛むと黒く変色して、見た目が悪くなるので、変色してきたら取った方が見た目が良くなります。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

女郎花(おみなえし)の種類

切り花で出回っている女郎花(おみなえし)の種類はほとんどないので、女郎花(おみなえし)といったら、イエロー系の可愛らしい花が咲いたのになります。

イエロー系

  • 女郎花
  • 飛鳥 など

さいごに

葉や茎も黄色い姿が魅力的で可愛らしい小花が咲く、秋の七草として有名な女郎花(おみなえし)はお花屋さんでも買える切り花です。

また、独特な香りがするので、大量にあると苦手な人もいるかもしれません。贈り物として使う際には気をつけた方がいいかもしれませんね。

秋を代表する切り花なので他の秋の切り花との相性がよく、女郎花(おみなえし)一種で飾るのもいいかもしれませんが秋の切り花と一緒に飾るのがおすすめです。

フラワーデザインで使う際には、主役に花材とはなりづらく、カスミソウなどと一緒でフィラフラワーとして引き立て役で使うのがいいと思います。

また、女郎花(おみなえし)が入るだけで秋の雰囲気がでるので季節感を出したい時も使いやすい花材です。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!