紫式部(むらさいしきぶ)ってどんな花木?花言葉・由来・種類について!!

学 名Callicarpa japonica
分 類クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
原産地日本 朝鮮半島 中国
和 名紫式部(むらさきしきぶ)
英 名Japanese beautyberry(ジャパニーズビューティベリー)
花言葉上品 知性 賢さ 聡明 聡明な女性 愛され上手 など
出回り時期9月〜12月
開花時期5月〜6月
水揚げ方法水切り

どんな花木?

紫式部(むらさきしきぶ)は、「源氏物語」の作者でも知られている紫式部の名前に由来しています。また、しきぶは、重なりあった状態の意味で、古語のしきみから転訛した言葉と言われています。

日本も原産国で北海道南部から九州まで広くに分布していて、紫式部(むらさきしきぶ)の仲間は週種類あり、小紫式部(こむらさきしきぶ)、大紫式部(おおむらさきしきぶ)、犬紫式部(いぬむらさきしきぶ)、薮紫式部(やぶむらさきしきぶ)などがあります。

紫式部(むらさきしきぶ)の花言葉

【上品】【知性】

【賢さ】【聡明】

【聡明な女性】【愛され上手】

長く楽しむには?

紫式部(むらさきしきぶ)は水に浸けなくてもても、花保ちがよく、長く楽しむことができます。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

また、紫式部(むらさきしきぶ)の特徴的な紫色もあまり焦ることなく、簡単にドライフラワーになります。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

紫式部(むらさきしきぶ)の種類

切り花で流通ししている紫式部(むらさきしきぶ)は果実が小さいコムラサキで、本来の紫式部(むらさきしきぶ)は実の付き方が少しまばらなので、ほとんど流通はなく八丈島や伊豆半島からオオムラサキシキブ(ムラサキモドキ)が少し出荷されています。

また、花と実が白いシロシキブや葉がコバナノムラサキシキブ、葉が細いホソバムラサキシキブなどがあります。

切り花では、葉がない状態で流通します。

パープル系

  • ムラサキシキブ など

ホワイト系

  • シロサキシキブ など

さいごに

おしゃれな名前と綺麗な紫色が魅力的な紫式部(むらさきしきぶ)は庭木や公園、野山でも見たことある人は多いと思います。日本も原産地の一つで昔から、日本人に馴染みがある植物になります。

切り花でも紫式部(むらさきしきぶ)は流通していていますが、そのほとんどは、小紫式部(こむらさきしきぶ)という品種なり、実の付き方、色合いも綺麗な品種になります。また、少ないですが、白式部(しろしきぶ)と呼ばれる実が白いのもあります。

秋から冬の初めまでの季節限定の切り花になりますが、ドライフラワーにも簡単になるので、ご自宅に飾っても長い間、楽しむことができます。

フラワーデザインで使う際には、細かく分けてもいけてもいいですし、枝ぶりを生かしていけることもできます。ドライフラワーになるので、リースやスワッグの花材としても人気があります。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!