桃(もも)ってどんな花木?花言葉・由来・種類について!!

学 名Prunus persica
分 類バラ科 サクラ属
原産地中国 
別 名花桃(はなもも)  毛桃(けもも)
和 名桃(もも) 
英 名Peach(ピーチ)
花言葉気立ての良さ 私はあなたのとりこ チャーミング 天下無敵 長命 など
出回り時期1月〜3月
開花時期4月
水揚げ方法水切り 割る 空切り

どんな花木?

桃(もも)は「和訓琹(わくんのしおり)」には「燃実(もえるみ)」という意味と記されています。また桃味(ももみ)の意味とも言われています。桃(もも)は中国原産の花木ですが、古くから日本にあり、登呂遺跡や弥生式遺跡などから桃核が出土されていると言われています。

桃は中国では仙木や仙果とされ、悪魔を寄せ付けないという伝説があり、それは日本にも伝わってきました。3月3日は上巳の節句または桃の節句やひな祭りと呼ばれ、女の子のお祭りとされ、子供の無病息災と多幸を願うお祭りでもあります。江戸時代には五節句のひとつとして重要な儀式となったと言われています。

桃(もも)の花言葉

【気立ての良さ】【私はあなたのとりこ】

【チャーミング】【天下無敵】【長命】

【あなたに首ったけ】【恋の奴隷】

長く楽しむには?

桃(もも)の細い枝は斜めに切って、太い枝は茎を縦に割ったり、十時に割ると水上がりがよくなります。切り花では乾燥に弱く、冷たい風に当たると花がしおれたり、蕾が咲かなかったりするので注意が必要です。また、品質保持剤が有効的なので使うと花保ちがよくなります。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

桃(もも)の種類

桃には果実用の「実桃」と花を鑑賞することが目的の「花桃」に分かれ、お花屋さんに売られているのは「花桃」の方になります。

花桃は一重咲きや八重咲きがあり、種類は花色によって分けられています

桃色:アメンド(一重) ションボ(一重) 矢口(一重) 唐桃(一重) 雲龍桃(一重)

赤色:緋桃(一重) ロウジ(八重)

白色:嵐雪(八重と一重)   お多福(一重) 

紅白:源平(一重)

さいごに

桃と言えば、食べたら甘く美味しい実桃のイメージが一般的ではないでしょうか。桃と言えば大抵の人が実桃もことだと思います。桃と言われて花桃の方を思い浮かべる人は少ないと思いますが、花桃というとひな祭りで雛人形と一緒に飾られる花で有名ですね。

ひな祭りで使われること以外あまり使われることはないですが花の形は可愛らしく、桜や梅といった花木の花とはまた違った雰囲気があります。

フラワーデザインではやはり、ひな祭りで使うようなフラワーアレンジメントやブーケで使われることが多いです。花桃と可愛らしい春の切り花とひな祭りのピック等を一緒にいれるとひな祭り感が出ます。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!