リアトリスってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Liatris
分 類キク科 リアトリス属
原産地北アメリカ
和 名百合薊(ゆりあざみ) 麒麟菊(きりんぎく)
英 名Gayfeather (ゲイフェザー) Blazing Star (ブレージングスター)
花言葉向上心 説得力 知性 燃える思い 長すぎた恋愛 など
出回り時期2月〜9月
開花時期6月〜9月
水揚げ方法水切り

どんな花?

リアトリスの名前の由来はギリシャ語で「無毛の配者」という意味からと言われていますが語源は不明です。

リアトリスの花は上から下に咲く花でこのような咲き方をする花を有限花序と言います。

北アメリカ原産でマサチューセッツ、フロリダ、ルイジアナなどに分布しており、その仲間は40種類ほどいます。日本に来たのは大正末期〜昭和初期と言われています。

リアトリスの花言葉

【向上心】【説得力】【知性】

【燃える思い】【長すぎた恋愛】

長く楽しむには?

リアトリスの葉は水に浸かっていると腐りやすいので水につかる部分の葉を取ることで葉の腐りを防止したり、水が汚れて、バクテリアが繁殖を抑えることができます。夏場の暑い時期はこまめに水換えをすることで花保ちがよくなります。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

リアトリスは簡単で綺麗にドライフラワーにもなり、長く楽しむことができます。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

リアトリスの種類

切り花で流通しているリアトリスの種類は少なく、パープル系のリアトリスが多く出回っていますが、ホワイト系のリアトリスも流通しています。槍のような花姿のリアトリスと、それよりも大きな花が咲くリアトリスがあります。

パープル系

  • 紅輝
  • コボルト
  • 鐘旭
  • スピカータ
  • ホタル など

ホワイト系

  • 白峰
  • 白龍 など

さいごに

リアトリスは仏花やいけばなの花材として、使われることが多い切り花なので、馴染みがある人もいると思います。あまり、華やかさがある切り花ではないですが、リアトリスのように直線的で小花が密集して咲く、切り花は少ないです。

パープル系のリアトリスの方が使われることが多いので、一般的ですがホワイト系のリアトリスもあります。パープル系とは違った雰囲気があります。

ご自宅に飾る際には葉が傷みやすく腐りやすいく、水が濁りやすいので水につかる部分の葉は取ってしまった方がいいです。また、一本だとあまり存在感がないのでまとめて飾る方が綺麗になります。

フラワーデザインでは直線的に花が咲くのでラインフラワーのタイプの切り花です。高さをいかしたデザインに使われることが多い花材です。またフラワーアレンジメントでは背面部の骨格として、使われたりします。丸い形のラウンド系のデザインでは使いづらいので、そのようなデザインで使う場合は上級者向けになります。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!