フォックスフェイスってどんな花木?花言葉・由来・種類について!!

学 名Solanum mammosum
分 類ナス科 ソラナム属
原産地アフリカ 熱帯アメリカ
和 名フォックスフェイス 角茄子(つのなす) 狐茄子(きつねなす)
英 名nipple fruit (ニップルフルーツ) 
花言葉偽り 悪友 真実 私の想い 偽りの言葉 私はあなたを欺きません など
出回り時期9月〜12月
開花時期7月〜9月
水揚げ方法水揚げ不要

どんな花木?

本来のフォックスフェイスの名前は、角茄子(つのなす)や狐茄子(きつねなす)といい、フォックスフェイスは見た目から、最近になって呼ばれるようになりました。ちなみにフォックスフェイスは和製英語で英名は、nipple fruit (ニップルフルーツ)といいます。

本来は棘がある品種ですが、切り花で流通しているフォックスフェイスは棘がないのが栽培され、出荷されています。また実には毒があると言われています。

日本に来たのは1935年(昭和10年)ごろと言われていて、一度は戦争中に栽培が中止されていたと言われています。

フォックスフェイスの花言葉

【偽り】【悪友】【真実】

【私の想い】【偽りの言葉】

【私はあなたを欺きません】

長く楽しむには?

フォックスフェイスは実を鑑賞して楽しむ花材ということもあって、丈夫で花保ちがいい切り花になります。

特に水に漬けなくても、1ヶ月ぐらいは楽しむことができます。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

フォックスフェイスの種類

切り花のフォックスフェイスは、花の状態での流通はなく、ほとんどが狐のような形をした実の状態で出回ります。ほとんどがイエロー系になりますが、グリーン系のフォックスフェイスも流通しています。

イエロー系

  • フォックスフェイス(イエロー)
  • カナリアナス など

グリーン系

  • フォックスフェイス(グリーン)
  • ツノナス など

さいごに

狐の顔の形が可愛らしく、なんだかほっこりするフォックスフェイスは秋の切り花として人気がある秋限定の切り花になります。

秋の花材としてだけではなく、ハロウィンのディスプレイにおもちゃかぼちゃなどと一緒に飾ってもいいと思います。

実だけにしても、花保ちがよく、ご自宅のインテリアや、ショップのディスプレイに置いておくだけでもいいかもしれません。ご自宅で飾る際にも、水に浸ける必要がないので自由度の高い飾り方ができます。

フラワーデザインで使う際には、茎が太く硬いので少し使いづらいかもしれませんが、実だけにして、ワイヤーで好きな場所にくくりつけて使うこともできますし、竹串などを刺して、フラワーアレンジメントに使うこともできます。

とにかく、水に浸けるなくてもいいのは、自由度が高く、アイディア次第でいろんな使い方できます。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!