花の形!!フラワーデザインで基本の4つのタイプを知ろう!!

お花の形ってたくさんあると思います。フラワーデザインにおいては基本4タイプの形態に分けて、それぞれの特性をいかしながら、フラワーアレンジメント やブーケを制作していきます。

ラインフラワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaki Morikawaさん(@replant_tokyo)がシェアした投稿


一本の茎に何輪かのお花が並んで咲く直線的なお花のことで、デザインの骨格として使用することが多いです。また、直線的な形態をいかして、高さを出すようなデザインを作ることができます。また、ラインフラワーはお花が一本の茎に連続して咲いているので、華やかさを出すような時にも重宝します。

代表的なラインフラワー

マスフラワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaki Morikawaさん(@replant_tokyo)がシェアした投稿

マスとは固まりを表し、丸く形が大きいお花でフラワーデザインにおいてはフォーカルポイント(視覚的焦点)としての役割や骨格として、使用します。マスフラワーは多く使うことが多いお花で重要度が高いお花となります。また、マスフラワーを点として考えると、点と点をつなぎ合わせることによってフラワーデザインではアウトラインを形成したりすることができます。

代表的なマスフラワー

フィラフラワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaki Morikawaさん(@replant_tokyo)がシェアした投稿

一本の茎や枝から小さな小花や小葉がたくさん咲いているようなお花のことで、フラワーデザインではお花とお花の隙間を埋めるような役割をし、空間をみたしり、つなげたり、立体感を出したりと重要な役割を持っています。また、フィラフラワーは全体的な雰囲気を調整することもできるので、強い色のデザインを和らげたり、もちろん強い色のデザインを強めることもできます。

代表的なフィラフラワー

フォームフラワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaki Morikawaさん(@replant_tokyo)がシェアした投稿

個性的な形をしたお花のこといい、目立つ形をいかしてフォーカルポイント(視覚的焦点)としても、使うことができます。また、花びらが一枚でも欠けると、原型と変わってしまうので取り扱いには注意が必要になります。個性的な形をしているのでフラワーデザインではアクセントにもなりますし、少し変化をもたらしたいときには重宝します。

代表的なフォームフラワー

さいごに

お花の形はフラワーデザインではこれらの4タイプに分けて、構成されています。すべてのタイプを使わないと美しいフラワーデザインを構成することが出来ないわけではないので、用途にあったお花選びの参考にしてください。またフラワーデザインは複合的に構成されていますので、作りたいデザインにあった花材選びが必要になってきます。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!