お花屋さんで買える夏におすすめな切り花

夏の花といえば向日葵(ひまわり)が代表的かもしれませんが、暑い夏に咲く花は向日葵(ひまわり)以外にもたくさんあります。しかも切り花だと夏には咲かないような花でも夏のイメージにぴったりな花がたくさんあります。

夏になると気温が上がり、花保ちが悪くなり切り花には厳しい季節でもありますが、そんな夏でも丈夫で花保ちがいい切り花を選ぶことで夏でも切り花を楽しむことができます。

関連記事

夏になると気温も上がり、切り花には厳しい季節になります。切り花が持たない、すぐに枯れてしまうなんて経験したことある人も多いかと思います。残念ながら、冬場の寒い季節に比べると夏のような暑い時期は花保ちが悪くなります。そ[…]

お花屋さんで比較的手に入りやすい夏の切り花をご紹介したいと思います。

夏に合う色は?

夏といえばというと、人それぞれイメージが違うと思いますが、夏に合うカラーをご紹介したいと思います。花色の選び方やブーケのラッピングの色をこれからご紹介する色合いにすれば夏のイメージがでると思いますので参考にしてみてください。

トロピカルカラー

南国のカラフルで明るい色合いで、tropical (トロピカル)を直訳すると「熱帯の」という意味になります。ハワイのアロハシャツなんかの色合いになります。熱帯ジャングルや南国の海っていうイメージですね。

明るく発色のいい色合いの切り花や観葉植物の葉もの、個性的な形をした切り花を選ぶとトロピカルなイメージやジャングルのようなイメージになります。

トリコロールカラー

トリコロールカラーというとフランスやオランダの国旗のレッド、ホワイト、ブルーの3色と思われるかもしれませんがtricolore (トリコロール)は本来は「3色の」という意味になります。

夏のイメージでマリンカラーなんていうのはこのレッド、ホワイト、ブルーの涼しげなイメージがあると思います。ブルーの花色は切り花では少ないカラーになりますがトリコロールカラーを取り入れるとなるのイメージになると思います。

夏に咲く切り花

夏の時期に咲く花でお花屋さんによく売られている切り花を紹介します。

向日葵(ひまわり)

夏の花といえば、ほとんどの人が向日葵(ひまわり)と思うのではないでしょうか。向日葵(ひまわり)というと発色のいいイエローやオレンジといった花色が特徴的で元気なイメージや太陽っていうイメージがある切り花です。

また、咲き方もさまざまあり、花色もイエローやオレンジ系だけではなく、落ち着いた雰囲気のブラウンやレッド系なんていうのもあります。そして、あまり需要はありませんが実はこの向日葵(ひまわり)は切り花だと冬も含めて、1年中流通されています。

関連記事

学 名Helianthus annuus L.分 類キク科 ヒマワリ属原産地北アフリカ メキシコ別 名日車(ひぐるま) 天竺葵(てんじくあおい) 日輪草(にちりんそう)[…]

グラジオラス

グラジオラスは1本の茎に花が連なって咲く切り花で夏の時期に開花する花です。名前の由来はラテン語で剣を意味する「gadius」と言う言葉からで剣のような形をしている葉が由来と言われています。

花色は豊富で比較的発色のいい色合いが多く夏の花というイメージがします。大きな切り花のイメージがあると思いますが、小輪タイプの小さなグラジオラスもあるのでご自宅に飾るには、この小輪タイプの方が飾りやすいと思います。

関連記事

学 名Gladiolus分 類キク科 エゾギク(カリステファス)属原産地アフリカ 地中海沿岸 など和 名唐菖蒲(とうしょうぶ) 和蘭菖蒲(おらんだあやめ)英 名[…]

ミニパイナップル

まるでパイナップルを小さくしたような姿をしたミニパイナップルはアナナス属に属する植物です。丈夫で花保ちがよく、水に浸けなくても大丈夫なほどです。お花屋さんではミニパイナップルやミニパイン、姫パイン、花パインなどという名前で流通しています。

飾るだけで夏っていう感じがする切り花でその見た目の可愛らしさから、人気がある切り花です。また、観葉植物として鉢物でも売られているので切り花以外でも楽しむことができます。

関連記事

学 名Ananas nanus分 類パイナップル科 アナナス属原産地熱帯アメリカ ブラジル別 名アナナス ミニパイン 姫パイン 花パイン和 名ミニパイナップ[…]

パイナップルリリー

パイナップルリリーは花が開花した姿がパイナップルに似ていることから名付けられた名前で花が星の形をしていて可愛らしいです。パイナップルとは違う植物になります。

蕾もしっかり咲き、花保ちもいい切り花で、可愛らしいので人気がある切り花です。しかし、花いろは少なくグリーン系とレッド系がわずかにあるだけになります。多いのはグリーンにホワイト系の花が咲くパイナップルリリーです。

関連記事

学 名Eucomis分 類ヒヤシンス(ユリ)科 ユーコミス(キジカクシ)属原産地中央アフリカ 南アフリカ別 名ユーコミス和 名星万年青(ほしおもと) […]

アンスリューム

アンスリウムは熱帯アメリカを中心に600種類ほどのある植物で、切り花では1年を通して流通していますが、本来の開花時期は春から夏にかけて開花します。花のように色がついた部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分で花ではなく、花は棒状の肉花序(にくかじょ)に咲きます。

個性的な形が南国な雰囲気がするアンスリウムはレッド系が一般的に有名ですが、意外にたくさんに色合いがあり、仏炎苞の形もさまざまあります。

関連記事

学 名Anthurium分 類サトイモ科 アンスリウム属原産地熱帯アメリカ 西インド諸島和 名大紅団扇(おおべにうちわ) 紅団扇(べにうちわ) 牛の舌(うしのした)[…]

ストレリチア

極楽鳥花(ごくらくちょうか)という和名を持つストレリチアは花姿がニューギニアに生息している極楽鳥に似ていることから名付けられ、まるで鳥のような切り花です。

観葉植物としても人気があるストレリチアですが切り花だと1年と通して花が流通していますが本来は夏の時期に開花する植物です。南国の鳥のような雰囲気は夏の季節にぴったりな切り花だと思います。

関連記事

学 名Strelizia分 類バショウ科 ストレリチア属原産地南アフリカ和 名極楽鳥花(ごくらくちょうか) 英 名Bird of paradise(バードオ[…]

ヘリコニア

ヘリコニアは品種によって花姿が違い、同じ植物だと思えないほどで鮮やかな色が付いている部分は苞(ほう)で花は苞(ほう)から突き出て咲きます。南太平洋の諸島や熱帯アメリカに自生する植物で大型のものから小さなものまでさまざまです。

南国やジャングルというイメージにぴったりな切り花ですが変わった形のヘリコニアは珍しく、お花屋さんでも常に置いているところは少ないと思います。流通はしているので欲しい場合は早めにお花屋さんに相談するといいと思います。

関連記事

学 名Heliconia分 類オウムバナ(バショウ)科 オウムバナ属原産地南太平洋諸島 熱帯アメリカ和 名鸚鵡花(おうむばな) 英 名Lobster cla[…]

クルクマ

クルクマという名前も可愛らしく、花姿もトーチのような形をしています。この花も色がついている部分は苞(ほう)と呼ばれる部分で花は、その苞(ほう)の中に咲きます。出回り時期は夏の時期限定になり、その時期がすぎると流通することはないので夏限定の切り花となります。

熱帯アジアを中心に自生している植物で南国な雰囲気やアジアンチックな雰囲気がする切り花です。花色はピンク系、グリーン系、ホワイト系が流通しています。

関連記事

学 名Curcuma分 類ショウガ科 クルクマ属原産地熱帯アジア別 名春鬱金(ハルウコン)  花鬱金(ハナウコン)  和 名鬱金(ウコン)英 名[…]

グロリオサ

個性的な形と真っ赤な花色を咲かせるグロリオサも夏の時期に咲く花です。見た目から使いづらい印象や合わせにくい感じがしますが、意外にも洋風から和風まで、いろんな雰囲気に合わせやすい切り花です。

また、グロリオサというとレッド系の花色がよくありますが、イエロー系やホワイト系と他の花色も流通しています。レッド系とはまた違った雰囲気を持っています。

関連記事

学 名Gloriosa分 類ユリ科 グロリオサ属原産地アフリカ 熱帯アジア別 名グロリオーサ 百合車(ゆりぐるま)和 名狐百合(きつねゆり)英 […]

サンダーソニア

本来は夏の初めに咲く花で1年を通して切り花だと流通している切り花です。可愛らしい鈴のような形の花がふわふわと宙に浮いているような花姿が魅力的な切り花です。

花色がオレンジ系しかありませんが、夏の雰囲気にはぴったりな色合いで、見た目の可愛らしさから人気がある切り花です。夏以外にも流通しているのも魅力の1つです。

関連記事

学 名Sandersonia aurantiaca分 類ユリ(イヌサフラン)科 サンダーソニア属原産地南アフリカ和 名提灯百合(ちょうちんゆり)英 名S[…]

夏の雰囲気にぴったりな切り花

夏に咲く花以外でもお花屋さんには夏の雰囲気に合う切り花が流通しています。そんな切り花をご紹介したいと思います。

ラン系の切り花

ラン類は南極を除く、世界各地に自生している植物で特に熱帯地域に多く、個性的な花の形や花色、模様などが特徴的な花です。花保ちもよく、夏の暑い季節でも、比較的長く楽しむことができます。

南国の雰囲気や熱帯ジャングルのようなイメージに合いやすい切り花で夏のイメージにはぴったりです。ランといっても種類はたくさんありますがお花屋さんに常に置いていることは少ないかもしれませんので気に入ったランの花があったら早めにお花屋さんに相談するといいと思います。

関連記事

ランの花というと鉢物のイメージもあるかと思いますが切り花としても多くの種類がお花屋さんに売られています。用途は多く、冠婚葬祭の様々なシーンで使わられています。胡蝶蘭は開店祝いなどの多くのシーンで贈られているので知っている人も[…]

ワイルドフラワー系の切り花

ワイルドフラワーとはオーストラリアや南アフリカなどに自生する植物を総称して名前です。個性的な形と丈夫で花保ちがいいです、また、乾燥させることで簡単で綺麗にドライルラワーになることもあって人気な切り花です。

ワイルドフラワーと呼ばれる切り花はたくさんの種類があり、日本ではほとんど自生していない植物ばかりです。夏の暑い時期でもワイルドフラワーは丈夫なので花保ちも他の切り花よりは長く楽しむことができます。

最近では人気があるので取り扱っているお花屋さんも増えていますが、ラン系の切り花と同じく常に置いてあるお花屋さんは少ないと思います。

関連記事

ワイルドフラワーって聞くと聞いたことあるような気がしますが一体どんなお花かは想像しにくいかもしれません。日本には世界各国からのお花(切花)が集まります。そのなかにもワイルドフラワーはたくさん存在していますので比較的簡単に手に入れるこ[…]

ブルー系の切り花

トリコロールカラーや海、空の色などは夏の色の1つにもなっているブルー系の切り花は実は少なく、夏のイメージに合うブルー系で手に入りやすい切り花といったらデルフィニウムという切り花の一択になってしまうかもしれません。

青い切り花が少ないのは切り花の中に青い遺伝子がない花が多く、品種改良してもなかなか作れないからです。また、ブルー系といってもパープルに近い切り花も多く、本当にブルー系といった切り花は本当に少ないです。

どうしてもブルー系がいいとなったら、本来はブルー系の花色がないバラやガーベラといった切り花でも専用の染料を吸わせた染めた切り花があります。

関連記事

お花屋さんには青い切り花が少ないです。と言われてもお花屋さんによく行く人や切り花に詳しい人なら当たり前と思うかもしれませんが、知らない人の方が断然に多いです。お花屋さんに行ってブルー系の花束をくださいといってもブルーの花は少[…]

さいごに

夏の時期は切り花が保たないと言われがちですが、夏の暑さを鮮やかな花色の切り花や爽やかな花色の切り花などを飾って、少し涼しげに過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

また、花保ちがよく、丈夫な切り花を選べば、夏でも切り花を長く楽しむことができます。しかし、夏に花保ちが悪くなるのは飾っている花瓶の中の水の温度が上がってバクテリアが繁殖してしまうことがほとんどです。こまめな水換えと気温が上がりやすい場所には飾らないようにするといったことが花保ちをよくするポイントになります。

お花屋さんで買える秋におすすめな切り花はこちら

関連記事

夏の暑い時期を終えるごろのにお花屋さんでは秋の花が店頭に並んできます。秋の花は種類が多く花色も落ち着いた色合いのものが多いです。紅葉した枝だったり、実物は秋ならではの花材ではないでしょうか。秋は濃い色合いの色合いの切り花が似[…]

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!