フラワーアレンジメントメソッド【Level.2】デザインを考えることでわかること

フラワーアレンジメントメソッド【Level.2】は、フラワーアレンジメントと作る際にはじめにすることとして、デザインを考えるということをご紹介していきたいと思います。

デザインを考えるというと初心者の人には難しいと感じるかもしれませんが、いきなりオリジナルのデザインを考えようとすると難しいですが、基本的なデザインの考え方はポイントを掴んでしまえば、難しくはありません。

なぜ、デザインを考えるが一番最初にすることというと、ある程度の完成したフラワーアレンジメントを想像することで実際に作る時に、とても重要なポイントになるからです。フラワーアレンジメントメソッド【Level.1】真似てみることの大切さでも紹介いたしましたが最初のうちは気に入ったデザインを真似てみてみるのもいいと思います。

関連記事

フラワーアレンジメントメソッド【Level.1】は、真似てみることの大切さということでフラワーアレンジメントを作る際にはじめにすることとして、真似てみるということをご紹介していきたいと思います。真似てみるはフラワーアレンジメント[…]

頭なの中で考えるとなかなかまとまらないと思いますので、簡単な説明書をつくるといった感じで最初のうちはメモ程度でいいから書き起こしてみるとまとまりやすいです。

では、順を追って説明していきたいと思います。

その前にフラワーアレンジメントって?

意外にフラワーアレンジメントって何?と聞かれると「花をアレンジしたやつ」や「カゴに入っている花」などとしっかりと説明できない。そもそもフラワーアレンジメントってなんなんだろう?なんて思ったことはないですか?フラワーアレンジメントがなんなのかを分かっているとデザインもしやすくなります。

フラワーアレンジメントを日本語にすると

フラワー    = 花
アレンジメント = 配置

花の配置となります。これだけだと少し説明不足なので、付け加えるとフラワーアレンジメントといっても花以外の花材も使います。花材とは花や葉、枝などのこといい、花もの葉もの(又はグリーン)枝ものなんて言いわれています。

フラワーアレンジメントでは花材はもちろんのことですが、フラワーベース(花器)も使います。これは花材にしっかりと保水(水を与えること)するためで、コンテストなどで作られる高度のフラワーアレンジメントではこのフラワーベースから作ったりします。

フラワーベース(花器)に花材を配置することがフラワーアレンジメントと言えます。そして、付け加えると花がしっかりと主役になっていることですね。

フラワーアレンジメントとは?
花が主役になるようにフラワーベース(花器)に花材を配置したフラワーデザイン
関連記事

フラワーデザインとは、花を使った創作活動のこといい、花束、アレンジメントやディスプレイ装飾などの作製することを言います。あんまり難しく考えると複雑になってしまいますので簡単に花や植物を使ったら全てがフラワーデザインということですね。[…]

デザインを考える

ここから本題になりますが初心者の人がいきなりフラワーアレンジメントのデザインを考えようとしても難しいと思います。なのでフラワーアレンジメントのデザインの考え方をご紹介したいと思います。

デザインの考え方というと自分自身が作り出さなければならないイメージがありますがフラワーアレンジメントでは基本的には2つの考え方があり、創造して創り出す内部からのデザインと、いろんなシーンやシチュエーション、花材、資材などに合うように作る外部からのデザインがあります。

内部からのデザイン

内部からのデザインとは、自分自身で創造して創り出すデザインは難易度が高く、初心者向けの考え方ではないですが、基本的な知識がついてくるとできると思いますので簡単に説明したいと思います。

フラワーデザイナーやフラワーアーティストなどで活躍する人や、コンテストなどに出展しているような人には必要なデザインの考え方ですが、けして今までなかったようなオリジナルのデザインを創り出すというわけではありません。フラワーデザインは多くの人によってさまざまなデザインが生み出されていますのでオリジナルのデザインとなると超高難易度になります。デザインは出尽くしてると思ってもいいぐらいです。

しかし、いろんなフラワーデザインを知ることで、それらを組み合わせたり、フラワーデザインだけではなく他の業界のデザインも組み合わせたりすれば新たなデザインを創ることができます。

初心者の人はいろんなフラワーアレンジメントのデザインを知らないから、内部からのデザインは難しく感じると思いますが、それらを知ることでいずれは考えることができるようになると思います。また、外部からのデザインを知らないとできないのが内部からのデザインです。

外部からのデザイン

外部からのデザインとは、フラワーアレンジメント初心者の人にとって重要な考え方になります。というよりはフラワーアレンジメントにおいて基礎的な考え方になりますので知っておくとデザインを考えるときに役に立つと思います。

また、真似てみるも外部からのデザインになります。

まずは外部からということでフラワーアレンジメントを作るヒントを得るということになります。どんなことがヒントになるかと言うと

  • 花材
  • フラワーベース(花器)
  • 飾る場所
  • 季節
  • 既存のデザイン など

これらのことからインスピレーションを受けてフラワーアレンジメントを作ることがデザインを考える第一歩となります。そして、外部からのデザインをたくさん知ることで、内部からのデザインを作り出すことができるようになってきます。

まずは、花材や資材の使い方や飾る場所などに合うフラワーアレンジメントの形、季節感の出し方などを既存のデザインから知ることが重要になります。

さいごに

デザインを考えるって難しい感じがしますが、ヒントはいろんなところにあります。なにもないところから創りだすのは誰でも難しいと思いますが、ヒントを見つけて知ってしまえば、そんなに難しくはないと思いませんか?

デザインがある程度、考えることができればそれに合わせた花材や資材などを選べばいいだけです。そして、それらが揃えばあとはフラワーアレンジメントを作るだけになります。

次のフラワーアレンジメントメソッド【Level.3】では、花材選びが最も重要だということをご紹介したいと思います。花材選びが分からないと言う人も多く、花材選びはフラワーアレンジメントを作る上で最も重要と言っていいほどで、この部分を知ることはフラワーアレンジメント上達の近道になります。

フラワーアレンジメントメソッド関連記事はこちら

関連記事

フラワーアレンジメントメソッドということでフラワーアレンジメントの作り方をシリーズにしていきたいと思います。まずは【Level.0】はじめにということで、このフラワーアレンジメントメソッドは基本的な作り方や考え方をご紹介していきたい[…]

Previous level
関連記事

フラワーアレンジメントメソッド【Level.1】は、真似てみることの大切さということでフラワーアレンジメントを作る際にはじめにすることとして、真似てみるということをご紹介していきたいと思います。真似てみるはフラワーアレンジメント[…]

Next level
関連記事

フラワーアレンジメントメソッド【Level.3】では、フラワーアレンジメントで最も重要と言ってもいいほどの花材選びです。フラワーアレンジメント教室などでは、そこの先生が用意してくれることが多いのでデザインしやすい花材になっていると思[…]

最新情報をチェックしよう!