フラワーアレンジメント教室って副業にどうなの?

フラワーアレンジメント教室に通ってある程度のスキルを身につけたり、お花屋さんで働いたことがある人なら、副業にフラワーアレンジメント教室をしてみようと思ったことあるかもしれませんね。

けれど、実際にフラワーアレンジメント教室を開講の仕方って知られていないかもしれません。

実際、フラワーアレンジメント教室を始めても、なかなか生徒さんが集まらなかったり、どれだけの受講料をいただいていいのかわからないこともあると思います。

副業として、フラワーアレンジメント教室をしても、時間がかかる割にはあまり利益にならないなんて人も多いかと思います。

そこで今回は、けして簡単ではないと思いますが副業としてある程度の利益が出るようなフラワーアレンジメント教室の方法をご紹介したいと思います。

フラワーアレンジメントって?

まずは、フラワーアレンジメントって?ということで、フラワーアレンジメントを習っている人やお花屋さんで働いたことがある人なら、飛ばしててまっても大丈夫です。

フラワーアレンジメントとは、直訳すると「花の配置」になりま。

フラワーベース(花器)に吸水性スポンジという保水性の高いフラワーアレンジメント用のスポンジをセットして、切り花を配置をしたものをフラワーアレンジメントになります。

まだ、フラワーアレンジメントをしてことない人は上の記事を参考にしてみてください。

教室するのに資格はいるの?

フラワーアレンジメント教室をするのにフラワーデザインに関する資格がいると思っている人も多くいますが、実際は、資格がなくてフラワーアレンジメント教室をすることができます。

極端な話になってしまえば、だれでもフラワーアレンジメントの先生として活動することができますが、やはり全くの未経験の人だと難しいと思いますので、ある程度のスキルと知識を手にいれるといった目的で資格を取ってもみるのもいいと思います。

フラワーデザインの資格は、フラワーアレンジメント教室をやる上で、必ず必要ではないということでしたが、他の資格で一つだけあると便利な資格があります。

それは「運転免許」です。

わりかし、道具やフラワーベース、花材を持ち物が多く、また、それらを仕入れたりしないといけないので運転免許はあると便利です。

教室開講に必要なこと

フラワーアレンジメント教室をする上で必要なことは、開業届をだしたりとかもありますが、今回は法的な部分以外のところをご紹介したいと思います。

主に「仕入れ」「場所」の2つが必要になり、迷う部分だと思います。

花材や資材の仕入れ

花材や資材がないとフラワーアレンジメントを作ることができないので、これらの仕入れも重要な部分になってきます。

また、安く仕入れられればその分利益も増えるので、できるだけいいものを安く仕入れることが重要になりますが、ここは結構難しい部分で頑張っても、副業の範囲なら利益は微々たるものかもしれませんので、あまり力を入れなくても大丈夫だと思います。

花材

フラワーアレンジメント教室での花材の仕入れには、主に2つで「お花屋さん」と「市場」になります。

お花屋さんだと、好きな花を好きな本数だけ買うことができ、また、近くだと足りないものなどもすぐに買いに行けるところがメリットになります。それ以外にも、水揚げ作業をしなくてもよかったり、お花屋さんによっては教室の場所まで配達してくれるところもあります。しかし、デメリットとしては、その分、花材の値段が高くなってしまうことです。

花材で利益を出さない場合や、車などなかったり、副業だと普段仕事をしていて時間がないなんて場合もあると思います。そんな時は、お花屋さんで花材を仕入れるのもありだと思います。

市場と聞くと誰でも入って買うことができないイメージがあると思いますが、セリや市場から直接買い付けをするといったことは買参人にならないとできませんが、市場の中には仲卸といった業者があります。

その仲卸からなら仕入れることができます。市場によって市場に入るのに車両登録などありますがフラワーアレンジメント教室をしている先生などもよく仕入れに行くのが市場の仲卸になります。しかし、仲卸で買う場合は価格はお花屋さんで買うより安くなりますが、ロット数があり、本数は1本から買うことができなく、切り花によって違いますが10本単位だったり20本単位といったまとまった量を買わないといけません。

資材

フラワーアレンジメントを作る際にフラワーベース(花器)や吸水性スポンジなどの資材は主に「お花屋さん」や「資材屋」などがあります。

お花屋さんで資材を仕入れる場合は花材の時と同じですが、資材屋はフラワーデザイン専門の資材屋がありますのでそちらで仕入れるのが、品揃えもいいのおすすめです。しかし、会員登録などをしないと卸し価格で買えないところがほとんどになります。

フラワーデザインの資材屋

場所の確保

フラワーアレンジメント教室をどこでやるのかも重要なポイントになってきます。なるべく自宅から近い方がなにかと便利ですが、近くにお花屋さんなどの資材や花材が仕入れるところがない場合や利便性が悪かったりすると、生徒さんが集まらないといった場合もあると思います。

主によく行われているのが「自宅」と「レンタルスペース」の2つになります。

自宅

自宅でできる場合は自宅でフラワーアレンジメント教室をするのもいいと思います。なにかと自宅の方が便利だと思いますし、移動時間もなく、場所代もかからないのもメリットの一つだと思います。

しかし、やはり自宅に人を呼ぶのが抵抗がある人も多いと思います。そんな時はレンタルスペースを使用するといいと思います。

レンタルスペース

レンタルスペースとは、場所を貸してくれるところになります。レンタルしペースとして貸し出しをしているところもあれば、公民館など市区町村の施設だったりとさまざまあります。

レンタルスペースは場所代がかかってしまうので生徒さんが少ない時は、場所代が意外に痛手になる部分なので、最初の頃は場所代がなるべく安いところの方がいいです。また、知り合いにフラワーアレンジメント教室ができそうな場所を貸してくれる人を探してみたり、カフェなどといったところも交渉次第では貸してくれたりしますので、探してみるのもいいかもしれません。

知り合いなどで無料で貸してくれるようなところがあったら一番いいと思います。

ホームページやSNSで集客しよう

フラワーアレンジメント教室の運営で一番難しいと思われるのが「集客」だと思います。

集客の方法は

  • 新聞広告
  • 街の掲示板
  • インターネット広告
  • ホームページ
  • SNS (Twitter、Instagram、facebookなど)
  • 地域活動
  • ワークショップ など

と、いろんあ方法がありますが、最近では簡単に調べ物はスマホでできる時代になってきましたのでインターネットを使った集客というのは必然になってくると思います。

たぶん、この記事を読んでいる人もフラワーアレンジメント教室で副業の仕方がわからなくて調べた人がほとんどだと思います。

そこでホームページとSNSを使って自分自身のフラワーアレンジメント教室があるということを発信してみましょう。

ホームページ

ホームページと聞くと自分で作るのは難しいと思われるかもしれませんが最近では簡単に作れるホームページサービスもあります。

例えばJimdo」「Wix 「AmebaOwndなどといったホームページサービスは無料で使うこともできますし、簡単にホームページを作ることができます。

その際にホームページには必ずお問い合わせフォームを掲載しておきましょう。お問い合わせ先がないとせっかく通ってみようかなと思った人が連絡することができなくなってしまい、ホームページとして役割が半減してしまいます。

SNS

ホームページは、フラワーアレンジメント教室の概要などを載せて、日々の活動は使いやすいSNSを使って情報発信するといいと思います。

しかし、ただ情報発信していても集客できないとおもいますので、しっかりとSNSも運用してフォロワーを増やしていくことで影響力が増し、たくさんの人に知ってもらうことができ集客につながっていきます。

どれだけの収入になるの?

さて、副業として一番気になるところはどれだけの収入になるのか?というところかもしれません。

どれだけの収入になるかの決め手は「講習料」「集客」の2つになると思います。

人気があったり、有名なフラワーデザインの先生だと講習料も高く、生徒さんもたくさんいるので収入は多くなりますが、いきなりそのような先生になるのは難しと思いますので、現実的な金額で考えていきたいと思います。

まずは講習費の相場は3000〜8000円ぐらいが多くなりますが、個人的な意見としては5000円より低くしてしまうと大変になってしまうと思いますので、今回は5000円で計算していきたいと思います。

たとえば

講習時間:2時間

一人の講習費:5000円

場所代:3000円(3時間)

花材費(仕入れ代):2000円(お花屋さんから)

資材代(仕入れ代):1000円(お花屋さんから)

となる場合は月に一度に10人の生徒さんに教えた場合の利益は17000円になります。このパターンで月に2度できれば34000円と本業としては厳しいですが副業としては、いい金額ですね。

いきなり生徒さん10人集めるのは厳しいと思う人もいるかと思いますので生徒さんが一回に5人で月に2回の講習の場合の利益は14000円になります。5人で月に2回だと10人の人に講習したことになりますが月に一度に10人よりも利益が減ってしまうのは場所代が2回分かかってしまうからで、なるべく一回にたくさんに人に来てもらえる方が利益が大きくなります。

なんとなくわかってもらえたと思いますが、先ほどもご紹介しましたが、フラワーアレンジメント教室で重要なポイントは「講習料」「集客」です。

しかし、高い講習料ってあまり人が来なかったり、その先生に実力によってある程度決まってくる部分でもあると思いますので難しい部分でもあると思います。

そこでまずは「集客」に力を入れてみることをおすすめします。

おわりに

フラワーアレンジメント教室を開講して副業というのも、ある程度の生徒さんが集まれば、収益になってきます。

平日は本業で、週末だけ副業としてフラワーアレンジメント教室で好きなことで稼ぐというのもいいと思います。

教室をするっていうとなんだか難しい感じがしてしまうかもしれませんが、お花屋さんでの仕入れは、仕入れ代はかかってしまいますが手間がかからないので、仕入れに時間を取れない人にとってはいい選択だと思います。

フラワーアレンジメント教室を副業にしようとしている人の参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!