フラワーベースって?フラワーアレンジメントに使う花器編!!

フラワーアレンジメントを作る際やお花屋さんで注文して買う時に絶対に必要になるのがフラワーベースです。フラワーアレンジメントのデザインの中でも全体の雰囲気に影響を与える重要な役割をもっています。そんなフラワーアレンジメントで使うフラワーベースを紹介したいと思います。

どんなのがあるの?

フラワーアレンジメントに使用するフラワーベースにはフローラルフォームをセットするため、水が漏れないでような素材や形のものを使用したり、水が漏れないように工夫する必要があります。

フラワーベースの材質

フラワーベースに使われる材質はいくつかあります。主な材質を紹介していきたいと思います。

天然素材

フラワーアレンジメントで使用する際によく使われるのが木や竹、蔓などで出来た天然素材のフラワーベースです。

天然素材なのでどんな花とも合わせやすく、価格が安いものから豊富にあります。また、フラワーベースようのものでもなくても代用できます。

しかし、天然素材なのでなにもしないままフローラルフォームをセットしてしまうと水が漏れてしまうのでセロハンという透明のフィルムをフラワーベースとフローラルフォームとの間に入れることで水漏れを防ぎます。

陶磁器

陶器のフラワーベースは高級感があるものからシンプルなものたくさんの種類があります形や色も様々な種類があり、フラワーベースの中では陶器のものはどんなデザインにも合うものがあると思います。

素材が陶器なのでセロハンなどの水漏れを防止する緩衝材を入れなくても水が漏れることがないのです。

陶器なので少し重さがあります。大きな陶器のフラワーベースは重さも重くなりますので持ち運ぶことが出来なくなる場合がありますのでプレゼントで持ち運ぶ際や花をいける際には注意が必要です。また、材質の性質上割れることがあります。

プラスチック

プラスチック素材のフラワーベースは落としても割れることがなく、水漏れを防ぐための鑑賞際のセロハンなどを入れる必要もないので使い勝手は一番いいです。

しかし、材質上少しチープな感じがするものもありますのでシーンに合わせて使うといいでしょう。最近では見た目だけだとプラスチックとわからないぐらい質のいいプラスチック素材のフラワーベースもあります。

お子さんがいる家庭やペットなどを買っている家庭では割れないフラワーベースは安心して使えると思います。

金属

金属のフラワーベースも存在します。質感が他のものと違い無機質な感じがとてもスタイリッシュに見えます。また金属のフラワーベースは割れることはないですが性質上ぶつけると凹んだりしまうので注意がひつようです。

基本的にはセロハンなどの緩衝材は必要ないですが、金属同士を接合して作られているものは接合部がうまく接合されていなく水が漏れてしまうものがあるので使う前にフラワーベースの中に水を入れて確認するといいでしょう。もしみずが漏れてしまう場合は水漏れの対策をしてから使うことをおすすめします。

フラワーベースの形

よくフラワーベースに使われる形はいくつかあり、形によってフラワーアレンジメントのデザインは決まって来ることもあります。飾る場所などに合わせて選ぶといいでしょう。

サークルタイプ(円型)

フラワーアレンジメントでもっともベーシックな形が丸い形をしたサークルタイプのフラワーベースです。どんなデザインでも使いやすいのでオールマイティに使えるタイプのフラワーベースです。

スクエアタイプ(箱型)

スクエアタイプのフラワーベースは、横長や縦長、正四角形と箱型の形をしたものでサークルタイプと同じようにオールマイティに使えるフラワーベースです。また四角の形によって見え方が変わるので作成したいデザインに合わせたり、飾る場所に合わせて選ぶといいでしょう。

ワイドマウスタイプ(広口型)

口が部分が広がっているのでフラワーベースの下部がすっきりとしたフラワーアレンジメントが作ることができます。また口が広いことでフローラルフォームもセットしやすく、安定感があるのがワイドマウスタイプのフラワーベースです。また口部分の面積が広いのでたくさんの花材が入れれることも特徴的でフラワーアレンジメント自体のボリュームも出しやすいです。

ヴァーティカルタイプ(縦長型)

縦に長い形をしたフラワーベースで高さを出したい時や蔓状の花材を垂らしたりする時に重宝するフラワーベースです。長さが長くなるとそれだけフラワーフォームが入るので重くなりますが普段は普通の花瓶としても使えます。

フラワーアレンジメントで幅を出さないで高さを出したいデザインの時に使いやすいフラワーベースです。また、枝ものや長さが長い花材はフローラルフォームに深く挿さないと収まりが悪く不安定になりがちですがヴァーティカルタイプのフラワーベースだとしっかり花材を挿して支えることができます。

オーバルタイプ(横長型)

横に長いオーバルタイプはあまり高さを出さないフラワーアレンジメントに向いています。高さを出す場合はフラワーベース自体の深さがあまり浅くないものを使い極端に長く花材を使わないように注意する必要があります。

基本的には横に長いので幅をとってしまうのでパーティなどのテーブルの真ん中に飾るような飾り方などといった感じに使うシーンに合わせて選ぶといいでしょう。

コンポートタイプ(足つき花器)

足つきのフラワーベースのことをコンポートタイプといい、足の形も様々な種類のフラワーベースが売られています。足元がすっきりするので見た目もエレガントな比較的エレガントな雰囲気になります。

重心が少し高い位置になるので持ち運んだりする際には少し不安定になりますのでその際は注意する必要があります。

さいごに

フラワーアレンジメントではフラワーベースはデザインする上で重要なツールです。飾る場所や持ち運びやすさもこのフラワーベースが大きく関わってきます。今回は比較的使われることが多いフラワーベースを紹介いたしました。これ以外にもたくさんの形や素材のものがあると思います。

フラワーベースの値段はピンキリで安価なものから高価なものまであり、プレゼントでフラワーアレンジメントを送る際にはフラワーベースの値段にも気をつけたほうがいいかもしれませんね。比較的安価な素材は天然素材やプラスチックのフラワーベースです。

フラワーデザインでは、フラワーベース選びはデザインの基本になりますのでできればいろんな種類のフラワーベースでいろんな形のフラワーアレンジメントを作ることで早く上達していくと思います。

フラワーアレンジメントの作り方はこちらを参考に

フラワーアレンジメント上達の秘訣をフラワーアレンジメソッドとして公開しています。

レベルごとにフラワーアレンジメントをポイントをまとめてありますので、参考にしてみてください。

関連記事

フラワーアレンジメントメソッドということでフラワーアレンジメントの作り方をシリーズにしていきたいと思います。まずは【Level.0】はじめにということで、このフラワーアレンジメントメソッドは基本的な作り方や考え方をご紹介していきたい[…]

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!