フラワーアレンジメントにはイメージするという準備運動が必要!!

フラワーアレンジメントを作る上で重要なことってなんだと思いますか?

  • 花材
  • フラワーベース
  • テクニック など

なんて思われるかもしれませんが、間違ってはなく、これらのも綺麗なフラワーアレンジメントを作る上で重要なポイントになります。

けれど、1番重要で1番最初に身につけておきたいスキルはイメージ力になります。

今回は、フラワーアレンジメントを作る上で最重要ポイントになるイメージ力の話になります。

イメージ力が重要

まずは、イメージ力とはなんなんだ?ということなんですが、簡単に言ってしまうとイメージする力です。

まんまで申し訳ないですが、どう言った作品を作るのか?ということをイメージすることだったり、実際に見えないフラワーアレンジメントの形のアウトラインをイメージすることだったりします。

重要というと、完璧に身につけなければならないと感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはなくて、まずはイメージ力を使えるようにして、その癖を身につけることが重要なポイントになります。

実際は、そんなに難しいことではなくて、少しだけ意識してみるだけで、フラワーアレンジメントが綺麗になるだけではなく、この後の上達のスピードが速くなります。

例えるなら

イメージ力が重要と言われてもピンとこないと思いますので、すこし例え話で説明していきたいと思います。

何か新しくスポーツをする時にまずすることってなんですか?

  • 道具を揃える
  • 本やネットで知識を身につける
  • 教室やスクールに通う
  • スポーツをやる場所を見るけるなど環境を整える
  • 仲間を見つける など

と色々あると思いますが、もちろんこれらも重要なことなんですが、それ以外にも重要なことが「体をそのスポーツに慣らす」ということで練習することだと思います。

特に、やったことないスポーツだと、普段からスポーツをしている人なら違ってくると思いますが、普段スポーツをしない人が急に体を動かしても上手く動かないことがほとんどだと思います。

といっても練習というとハードな感じがしてしまうと思いますが、いきなり本格的なトレーニングをするのではなく、ストレッチをしたり、そのスポーツに使うことが多い筋肉を少し鍛えてみたりして、慣らしていくことがまず第一歩だど思います。

フラワーアレンジメントのイメージ力を付けるというのも第一歩は同じで、スポーツをする前の慣らしみたいに、ふらワーアレンジメントをする体制を整えるということになります。

イメージ力はどうやって手に入る

そこで、スポーツなら体を慣らすのってなんとなくイメージつきやすいですが、フラワーアレンジメントだとわかりづらいと思います。

というわけで、どうやってイメージ力を手に入れるかというと結論から言ってしまうと「オーソドックスな形を完璧に一回作ってみる」ということになります。

オーソドックスな形って?

フラワーアレンジメントには昔からオーソドックスな形というのが色々ありまして、その中でもおすすめな形は、

  • ファン 
  • トライアンギュラー 
  • オールラウンド

になります。ファンやトライアンギュラーはワンサイドという片側から見るフラワーアレンジメントでオールランドは四方どこから見ても花が見える形になります。

関連記事

フラワーアレンジメントには基本的な形というのがよく紹介されています。先に言ってしまうと全ての形をマスターすることはしなくても大丈夫です。しかし、国家検定のフラワー装飾技能士の取得には、この基本的な形が実技で出てくるので受ける方には必[…]

ファンが扇形の形をしていてアウトラインが曲線でトライアンギュラーは直線的な形をしているアウトラインのフラワーアレンジメントになります。

どちらもこの形を綺麗に作ることは、最初は難しく感じると思いますが、イメージ力がついてくるとこのあるとラインが見えてくるようになります。

アウトラインを見るイメージ力

イメージ力の一番の基礎の部分になるのがアウトラインを見ることになります。

フラワーアレンジメントには、基本的には【直線】【曲線】の2つのアウトラインがあり、まずはこれらが見えるようになるのが、イメージ力の第一歩になります。

しかし、フラワーアレンジメントのアウトラインというのは実際に線が見えるわけではないので、この線をイメージして仮装線を頭の中で描かないといけません。

これが最初は難しい部分なのですが、一度わかってしまえば、その後は勝手に見えてくると思います。

だだ、アウトラインを見るには、立体のフラワーアレンジメントを【正面】【真横】【真上】の3面の平面にして考えるとわかりやすくなります。

立体から平面、平面から立体

フラワーアレンジメントは立体のものですが、アウトラインというのは平面に描くものになります。

頭の中でアウトラインをイメージすることは立体のフラワーアレンジメントのアウトラインを平面に置き換えてイメージするとわかりやすのですが、文章だと難しい感じがしてしまうかもしれませんね。

けれど、実際は誰でもやっていることなのでそんなに意識しないでもできると思うので安心してください。

完璧に一回作ってみる

フラワーアレンジメントを綺麗に速く上達するには、たくさんの数を作るということも重要なんですが、ただ闇雲に作っていても上達のスピードは早くなりません。

アウトラインをイメージしながら作ることが上達の早さをあげるポイントになりますが、実際にどの程度やればいいのかっていう目安といのがあります。

それは、完璧な形をいうのを一回作ってみるといことです。完璧というとこの世で一番というわけではなくて、綺麗に形がとれていて、ある程度の基準をクリアしたフラワーアレンジメントということになります。

しかし、できたというのは自分自身で判断しにくい部分が最初はあると思います。

そこで【正面】【真横】【真上】の3面を写真に撮って確認してみるのがおすすめです。

写真に撮ることによって立体のフラワーアレンジメントが強制的に平面に変換されるのでアウトラインが見えやすくなります。写真のアウトラインが綺麗な形になっていればクリアということになります。

それでもわからないという人は、実際にフラワーアレンジメントが上手な人に見てもらうといいと思います。

さいごに

フラワーアレンジメントを綺麗に作ることは、ズポーツで体を鍛えたりテクニックを身につけると言ったところだと体を鍛えるという部分になります。スポーツもうまくなるとより、ハードな動きに対応するために体を鍛えると思います。

フラワーアレンジメントのイメージ力は、この体を鍛えると同じで上手くなればなるほどイメージ力というのが必要になってきます。

なので、フラワーアレンジメントをする上でイメージ力というのは常に鍛え続けないといけない能力になりますので、早い段階でその癖をつけておくと、今後のフラワーアレンジメントの上達が速く、そして綺麗な作品を作ることができます。

最新情報をチェックしよう!