ユーカリってどんな葉?花言葉・由来・種類について!!

学 名Eucalyptus
分 類フトモモ科 ユーカリ属
原産地オーストラリア
和 名ユーカリ 白熊の木(はぐまのき) 霞の木(かすみのき) 煙の木(けむりのき)
英 名Gum tree(ガムツリー) Blue tree (ブルーツリー) Blue gum (ブルーガム)
花言葉思い出 新生 再生 記憶 追憶 慰め など
出回り時期周年
開花時期品種によって異なる
水揚げ方法水切り 茎を割る 茎を叩く

どんな葉?

ユーカリの名前の由来はギリシャ語で良くという意味のeuと覆うという意味のcalyptosが組み合わさって、良い蓋を意味するのが学名のEucalyptus (ユーカリプタス)で乾燥地帯でものよく育ち、大地を緑で覆うことという意味から付けられたといわれています。和名のユーカリはそのユーカリプタスを短くしたものです。

オーストラリア原産で先住民のアボリジニはユーカリの葉や枝から出る精油を傷薬としても用いたりと、さまざまなことに使っていたと言われています。

ユーカリは亜種もいれると800〜900種ほどの種類があると言われて、ユーカリというとコアラが主食で食べているイメージがあると思いますが、日本で切り花として流通していうるユーカリとは別の品種のユーカリを食べています。

ユーカリの花言葉

【思い出】【新生】【再生】

【記憶】【追憶】【慰め】

長く楽しむには?

ユーカリは丈夫で花保ちがいい切り花です。しかし、水下がりすると柔らかい茎の先の葉が枯れてたり、萎れてきたります。その際は、水下がりしたところを取ってしまうことで綺麗になります。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

ユーカリは簡単で綺麗にドライフラワーにもなる品種も多くあります。また、実もドライフラワーになる品種もたくさんあり、見た目あまり変わらないのが特徴です。ドライフラワーにすることでより長く楽しむことができます。

関連記事

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させることで鑑賞期間を長める目的もあり、水を与えることがないので管理しやすく、手軽なことからインテリアや装飾などに使われることが多いです。最[…]

ユーカリの種類

切り花でのユーカリの種類はたくさんあり、葉の形は主に丸い葉のユーカリや葉が細長い形をしたユーカリがあります。葉の色はグリーン系やシルバー系のグリーンをしたユーカリがあり、数少ないですがレッド系のユーカリもあります。また、実付きのユーカリもあり、実の形もたくさんあります。

葉もののユーカリ

  • グニーユーカリ
  • ベイビーブルー
  • ロブスター
  • アルビダ
  • オービファリア
  • 銀世界
  • クラドカリックス
  • シネレア
  • シルバーウェーブ
  • スチュアルティアナ
  • パルプラ
  • ピッコロボール
  • レッドガム など

実もののユーカリ

  • トレリアーナ
  • グロブロス
  • ポポラスベリーレッド
  • ウィローベリー
  • エクソティカベリー
  • カップベリー
  • グロボラスベリー
  • コニカルガムベリー
  • エトラゴナナッツ
  • トランペット
  • プトス
  • プレウロカルパ
  • ユーデスモーデス
  • ロブスターベリー など

さいごに

可愛らしい形や、変わった実が付き、綺麗に簡単にドライフラワーになることもあって、人気があるグリーンです。また、丈夫でボリュームもあり、グリーン系やシルバーグリーン系の葉色は爽やかなイメージにも、アンティークな雰囲気にもよくあいます。

簡単にドライフラワーになることもあって、スワッグの花材としてもよく使われます。フラワーデザインではフラワーアレンジメントでもブーケでも使いやすい花材で、長く使うこともできますし、短く切り分けて使ったりといろんな使い方ができます。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!