エピデンドラムってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Epidendrum cvs.
分 類ラン科 エピデンドラム属
原産地中央アメリカ〜南アメリカ
和 名エピデンドラム 桜姫千鳥(さくらひめちどり)  虹手毬蘭(にじてまりらん)
英 名Epidendrum(エピデンドラム)   buttonhole orchid(ボタンホールオーキッド)
花言葉判断力 日々豊かに 可憐な恋 孤高への憧れ 浄福 など
出回り時期12月〜6月
開花時期12月〜7月
水揚げ方法水切り

どんな花?

エピデンドラムはギリシャ語で「樹の上」という意味で樹々に着生している様子が由来です。

花が咲く時期が品種によって異なるため、開花時期は12月から7月と長い開花時期になっています。

日本に来たのは明治末期ごろでエピデンドラムと他の属の交配によってたくさんの品種が作り出されたと言われています。

エピデンドラムの花言葉

【判断力】【日々豊かに】

【可憐な恋】【孤高への憧れ】

【浄福】

長く楽しむには?

エピデンドラムは花保ちがよく丈夫な切り花です。蕾も咲いてくるので長い期間楽しむことができます。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

エピデンドラムの種類

ランの中では一見するとランっぽくない雰囲気ですが花は小さなランの花が密集して花火のように咲いています。切り花では種類は少ないですが花色は比較的多く発色のいい色合いが特徴です。

ピンク系

  • さくら 
  • スペシャルピンク 
  • ピンクシャンデリア など

レッド系

  • ファイヤーボール 
  • あい 
  • バイオレットクイーン など

オレンジ系

  • オレンジボール 
  • サンセットオレンジ など

イエロー系

  • イエローシャンデリア 
  • イエロースター 
  • イエローモンキー 
  • レモンイエロー 
  • ヴィーナス など

ホワイト系

  • ホワイトキャッスル 
  • ホワイトスター 
  • ユキ など

さいごに

エピデンドラムは一本の細長い茎から花火のように四方に花が咲くのが特徴的なランの仲間です。花色は発色が良く、小さな花が密集して咲く姿は可愛らしく、蕾までしっかり咲くので長く楽しむことができます。

お花屋さんでも置いているところはあまりないかもしれませんが切り花として流通しているので、欲しい場合はお花屋さんに相談すれば仕入れてきてくれると思います。

一輪挿しにシンプルに飾るのがこの花の良さをが一番ですると思います。フラワーデザインではメインになるよな存在感はないですが、細長い茎をいかして高さをだすと存在感が増します。ランの仲間で花の形が特徴的なので、その花姿もいかせるとより、いいデザインができると思います。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!