夏におすすめのドライフラワーになる切り花をご紹介!!

夏のような暑い時期は花保ちが悪くなって花を飾る機会が減ってしまうかもしれませんが、ドライフラワーなら水をあげることはなく、花保ちを気にすることなく、飾ることができるのでおすすめです。

ドライフラワーって?

ドライフラワーは乾燥させた花や葉、実のことをいい、フラワーデザインの中でも昔からあるデザインです。生花のように水を与える必要がなく、乾燥しているので鑑賞期間も長くなります。しかし、どんな花でもドライフラワーになるわけではないので適した花を使いましょう。

ドライフラワーになる夏の切り花

切り花として、流通していてお花屋さんでも手に入りやすく、ドライフラワーになりやすい、夏の切り花をご紹介したいと思います。

紫陽花(あじさい)

紫陽花(あじさい)は初夏に咲く花でドライフラワーの花材としても人気がある花材です。色が付いているところは花ではなく、額(がく)と呼ばれる部分です。

紫陽花はドライフラワーになりづらい品種があったり、咲き始めの時期の紫陽花はドライフラワーになりにくくい場合があります。色合いが秋のような雰囲気があり、シックな秋色紫陽花は簡単にドライフラワーになるのでおすすめです。

関連記事

学 名Hydrangea分 類ユキノシタ科 アジサイ科原産地日本 アジア別 名七変化(ナナヘンゲ)  七段花(シチダンカ)  手毬花(てまりばな)和 名紫陽[…]

スターチス

スターチスというと花色が青紫色のが良く見ることが多いと思いますが、意外にたくさんの花色がありピンク系、レッド系、オレンジ系、イエロー系、パープル系、ホワイト系とあります。

どの花色のスターチスもあまり花色が変わらずドライフラワーになります。どうしても花色が地味になりがちなドライフラワーでもスターチスをつかうと華やかになります。

関連記事

学 名Limonium sinuatum分 類イソマツ科 リモニウム属原産地ヨーロッパ 地中海沿岸など別 名シーラベンダー リモニウム和 名花浜匙(はなはま[…]

姫向日葵(ひめひまわり)

姫向日葵(ひめひまわり)という名前ですが、小さいヒマワリではなく、違う植物でヒマワリに似ていることから言われています。花色はイエロー系のみになりますが小さく可愛らしい切り花です。

生花でも丈夫で花保ちもいい切り花ですが、簡単いドライフラワーになり、見た目も変わらず花色もあまり落ちることないです。

関連記事

学 名Heliopsis helianthoides分 類キク科 キクイモモドキ属原産地北アメリカ別 名姫向日葵(ひめひまわり)和 名菊芋擬き(きくいももど[…]

エリンジウム

青紫色をしギザギザした形が特徴的な切り花のエリンジウムも夏におすすめのドライフラワーになる切り花です。青紫色したのが一般的に出回っていますがグリーン系やホワイト系のエリンジウムも流通しています。

簡単に、ほとんど見た目も花色も変わることなくドライフラワーなるので人気がある切り花でもあります。

関連記事

学 名Eryngium分 類セリ科 エリンジウム属原産地地中海沿岸 ヨーロッパ コーカサス 南北アメリカ和 名瑠璃松笠(るりまつかさ) 松笠薊(まつかさあざみ)平江[…]

瑠璃玉薊(るりだまあざみ)

エリンジウムと似ている雰囲気をもっている瑠璃玉薊(るりだまあざみ)も簡単にドライフラワーになる切り花です。花色は多くはないですが、ブルー系やピンク系、グリーン系とあります。

夏の時期に咲く花で周年通して出回っている切り花ではないので時季を逃すとまた出回り始めるのが来年になってしまいます。

関連記事

学 名Echinops ritro分 類キク科 エキノプス属原産地西アジア 東南ヨーロッパ和 名瑠璃玉薊(るりだまあざみ)  裏白平江帯(うらじろひごだい)英 […]

夏にはグリーン(葉もの)もぴったり

グリーンって思う人もいると思いますので、簡単に説明すると、フラワーデザイン用語で葉っぱのことをグリーンや葉ものと言います。理由はそのまんまですが葉っぱが緑色をしているからです。といってもグリーン(葉もの)には緑色以外の色もたくさんあります。

ドライフラワーと聞くと花のイメージがあるかもしれませんが、夏の雰囲気を出すのにはグリーン(葉もの)もおすすめです。グリーン(葉もの)もたくさんの種類がドライフラワーになるので切り花のドライフラワーと合わせることで夏の爽やかな雰囲気が出ます。

関連記事

フラワーデザインで使う葉っぱのことをグリーンと言います。このグリーンはフラワーデザインにおいて重要な花材でグリーンを制したらフラワーデザインを制すと言っても過言ではないかもしれません。縁の下の力持ち的なそんなグリーンを紹介したいと思[…]

ワイルドフラワーもおすすめ

ワイルドフラワーとはオーストラリアや南アフリカに生息する植物のことをいい、個性的な見た目と花保ちがよく丈夫な切り花が多いです。また、簡単にドライフラワーになることから人気が高い切り花です。

1本でも存在感があるプロテアのような大きな花を咲かしているものから、可愛らしいものまでたくさんの種類があり、夏のような暑い季節にもぴったりな切り花です。

関連記事

ワイルドフラワーって聞くと聞いたことあるような気がしますが一体どんなお花かは想像しにくいかもしれません。日本には世界各国からのお花(切花)が集まります。そのなかにもワイルドフラワーはたくさん存在していますので比較的簡単に手に入れるこ[…]

さいごに

夏のように暑いとどうしても生花の切り花は花保ちが悪くなってしまうので、花保ちをよくするには、こまめに水換えをしたりと手間がかかってしまいますが、ドライフラワーなら水を与える必要もなく長く楽しむことができます。

また、ドライフラワーになる花材は、スワッグやフラワーリースの花材としても人気が高いのスワッグやフラワーリースにしてインテリアとしてもおすすめです。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!