鶏頭(けいとう)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Celosia cristata
分 類ヒユ科 ケイトウ属
原産地熱帯アジア など
和 名鶏頭(けいとう)  唐藍(からあい)
英 名Cockscomb(コックスコーム)
花言葉おしゃれ 博愛 奇妙 気どり屋
出回り時期7月〜12月
開花時期7月〜12月
水揚げ方法湯揚げ 水切り

どんな花?

鶏頭(けいとう)は、花形が鶏の鶏冠(とさか)に似ていることから名前がついた花です。また、熱帯アジア原産と言われていますが実際のところは不明です。

鶏冠

鶏頭(けいとう)が日本に来たのはかなり古く万葉集にでできます。また花壇網目、大和本草には鶏頭花として記載されています。

形、質感、色どれも個性的で他の花にはない雰囲気が特徴的な花が鶏頭(けいとう)です。夏の暑い季節に真っ赤な鶏頭(けいとう)をみると少し暑苦しい感じがしますが鶏頭(けいとう)はレッド系以外の色もあります。

長く楽しむには?

切花の鶏頭(けいとう)は水あがりは悪く葉は水さがりしやすいこともあり適度に取り除いたほうがいいでしょう。また、鶏頭(けいとう)の茎からでる樹液で水が腐りやすいので茎がバクテリアの影響を受けてしまい、酷いと溶けてしまいます。花が密集しているのでカビも発生しやすいので注意が必要です。

強烈に個性的な花を咲かす鶏頭(けいとう)を長く楽しむには、気温が上がるようなところはできるだけ避け、涼しいところに飾りこまめに水換えをしたり、花も長く楽しむための薬の品質保持剤を使うことで長く楽しむことができます。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

また、ドライフラワーにもなるのでおすすめです。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

ケイトウの種類

鶏頭(けいとう)っといっても形がたくさんあります。

鶏冠鶏頭(とさかけいとう)

花が鶏冠状の形をして、肉冠は左右に広がった形をしています。

  • マーチンイエロー(イエロー系)
  • ボンベイゴールド(グリーン系)
  • セレクトレッド(レッド系)
  • ボンベイオレンジ(レッド系)
  • ボンベイオレンジフリル(レッド系)
  • ボンベイパープル(レッド系)
  • マーチンパープル(レッド系)
  • セレクトアヤピンク(ピンク系)
  • セレクトピンク(ピンク系)  など

久留米鶏頭(くるめけいとう)

鶏冠鶏頭に似ていますが鶏冠鶏頭より花冠が丸みを帯ています。

  • オバケケイトウ(カラー多数)
  • 黄玉(イエロー系)
  • イエロークイーン(イエロー系)
  • 有明(レッド系)
  • サカタプライド(レッド系)
  • ファイヤリーレッド(レッド系)
  • アーリーローズ(ピンク系)
  • フィジーラブ(ピンク系)
  • ローズクイーン(ピンク系)
  • オレンジクイーン(オレンジ系)
  • アーリーオレンジ(オレンジ系)
  • グリーンサンゴ(グリーン系)
  • グリーンボール(グリーン系)  など

羽毛鶏頭(うもうけいとう)

花冠が細い円錐状で羽毛状になっていることから羽毛鶏頭と呼ばれています。

  • センチュリーイエロー(イエロー系)
  • ドリアンゴールド(イエロー系)
  • キャッスルスカーレッド(レッド系)
  • クリスマスキャンドル(レッド系)
  • スカーレッドマスコット(レッド系)
  • キャッスルピンク(ピンク系)
  • サンデーダークピンク(ピンク系)
  • サンデーブロンズ(ピンク系)
  • アプリコットブランデー(オレンジ系)
  • きものライトサーモン(オレンジ系)
  • サンデーオレンジ(オレンジ系)
  • シルフィード(グリーン系)

玉鶏頭(たまけいとう)

羽毛鶏頭に似ていますが羽毛鶏頭より円錐状の花冠が短く太い形をしています。

槍鶏頭(やりけいとう)

花冠が円錐状でキャンドルのような形をしているケイトウです。

さいごに

個性的な姿の鶏頭(けいとう)はフラワーデザインにも人気がある花材です。たくさんの花の中でも比較的使いやすい花材なのと種類がたくさんあるのでデザインにアクセントをつけたい時にも重宝します。

周年通して出回ってる鶏頭(けいとう)もあれば、季節限定で出回る鶏頭(けいとう)もあります。ご自宅に飾る際には茎が腐りやすいのでガラス花器に飾ると水替えのタイミングがわかりやすいですが、パーティなどのイベントなどには無難にガラス花器は避けて陶器などの中が見えない花瓶を使って飾った方がいいかもしれませんね。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!