バンクシアってどんな花?花言葉・由来・種類について!!

学 名Banksia
分 類ヤマモガシ科 バンクシア属
原産地オーストラリア
和 名バンクシア
英 名

Banksia (バンクシア)

花言葉心地よい孤独、勇気ある恋 心に鎧を着る
出回り時期周年
開花時期7〜8月
水揚げ方法水切り

どんな花?

バンクシアはパプア・ニューギニアに原産する1種類を除いた73種類がオーストラリアが原産です。枝先に密集して咲く小花は雌しべが突き出して円筒形や球形の花序になり、まるでブラシのように見えます。

バンクシアの中には山火事の熱で果実が刺激を受けると裂けて種子を散らして、発芽するものもあったり、地上が焼けてしまっても残った僅かな破片から再生するものもあります。自然発火による山火事からも生育できるようになっているようです。

また、名前の由来はキャプテン・クックの世界周航に同行した植物学者ジョセフ・バンクスにちなんで付けられたと言われているようです。

バンクシアの花言葉

心地よい孤独

勇気ある恋

心に鎧を着る

長く楽しむには?

バンクシアは水あがりが良くありませんがドライになってきてもあまり見た目が変わらないので長く楽しめる花です。

replant.tokyo

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割 […]…

バンクシアは簡単で綺麗にドライフラワーにもなり、種子のドライフラワーはほとんど変わることもなく長く楽しむことができます。

replant.tokyo

ドライフラワーは乾燥させた花や葉のことをいい、昔からフラワーデザインで使われてきました。乾燥させるこ […]…

バンクシアの種類

バンクシアは昔はドライフラワーでも流通がほとんどでしたが現在では生花として流通しています。そのほとんどが輸入で色味はイエロー系やオレンジ系、グリーン系が主流になります。

バンクシアの花

  • スペシオーサ 
  • コクシネア 
  • プリオノートキャンドル 
  • アテニュアータ 
  • キャンドルス 
  • ジャイアントキャンドル 
  • バクステライ 
  • バックステリー 
  • パレジー 
  • フーケリアーナキャンドルス 
  • プラジオカルパ 
  • プリオノーテス 
  • メイジアイ 
  • ロブル など

バンクシアの種

  • スペシオーサコーンズ
  • バックステリーコーンズ
  • メイジアイコーンズ など

さいごに

いかにも日本の植物ではない形や雰囲気を持っているバンクシアのほとんどがオーストラリア原産の花です。ワイルドフラワーとして人気のある花で生花として楽しむこともできますし、ドライフラワーとしても楽しめます。またバンクシアの種は変わった形をしていてドライフラワーで長い期間ほとんど変わることないのでインテリアとして飾るのもいいと思います。見た目が少しグロテスクなので好みは分かれそうですね。

View this post on Instagram

Masaki Morikawaさん(@replant_tokyo)がシェアした投稿

バンクシアの実

フラワーデザインのなかでもスワッグなどやフラワーアレンジメントで使用したりといろんな場面で使うことができます。個性的で存在感があり、目立つ花なので花合わせには注意が必要ですが同じように個性的なワイルドフラワーや観葉植物系のグリーンとの相性は比較的いいです。

その他のワイルドフラワーはこちら

replant.tokyo

ワイルドフラワーって聞くと聞いたことあるような気がしますが一体どんなお花かは想像しにくいかもしれませ […]…

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!