造花より高級なアーティフィシャルフラワーとは?

アーティフィシャルフラワーと聞くと馴染みがない感じがしますが高級な造花のことで、造花とは、紙や布などを人工的にお花の形にしたものもことを言い、シルクフラワー、アートフラワー 、フェイクフラワー なんて言われたりもします。造花と聞くとなんだ偽物かって感じになる人もいるかもしれませんが、アーティフィシャルフラワーは造花と言っても一見すると本物のお花と区別がつかないぐらい精巧で色鮮やかです。ちなみにアーティシャルフラワー ではなくアーティフィシャルフラワーです。わかりづらいですが間違えやすいので気をつけてくださいね。

高級な造花

高級な造花と聞くと値段が高いのか思いますが、お花の種類にもよりますが普通の生花よりは高いです。アーティフィシャルフラワーはお花の形から葉や茎そして花色とすべてが本物のお花のように精巧に出来ています。一見したら本物のお花と区別できないような本物に近いアーティフィシャルフラワーから、本物のお花ではない色でもアーティフィシャルフラワーならあります。使われている材料も、安価な造花のものより、高品質な材料が使われています。

アーティフィシャルフラワーってどうなの?

アーティフィシャルフラワーは高品質で高級な造花ですが、価格もそれなりにします。もちろんメリットもあればデメリットもありますので、用途に分けて使うといいでしょう。

アーティフィシャルフラワーのメリット

本物と見分けがつかないぐらい精巧にできていること、そして、なんといっても、手入れがいらないことでしょう。アーティフィシャルフラワーは人工的に作られたいわゆる造花です。水をあげたり、室温を気にしたりと生花のような手入れはしなくて大丈夫です。また、生花ですと季節によってはないお花もアーティフィシャルフラワーならいつでも手に入ります。

しっかりと保管しておけば何年でも使えます。クリスマスやハロウィンなどといったイベントは毎年あります、そういったイベントでしか使わない場合でも、毎年使うことができるのもアーティフィシャルフラワーの魅了のひとつではないででょうか。

フラワーデザインにおいても、アーティフィシャルフラワーは保水をしなくていいのでデザインの幅が広いです。花びらを分解して使うといったこともできますし、フラワーリースなどの保水をしないデザインのものでも当たり前ですがお花が枯れることがないです。

アーティフィシャルフラワーのデメリット

たくさんのメリットがあるのでデメリットはなさそうですが、アーティフィシャルフラワーにもデメリットがあります。

まずは、造花ということです。やはり、いくら精巧にできているといっても本物の生花ではありません。高級ホテルやレストレン、ハイブランドなお店に造花が飾ってあるとなんだか残念な気持ちになったことはありませんか?んっこれは造花か?なんて思ったことある人はいると思います。やはり、生花の生命力や儚さは人を惹きつける魅力があります。

人工物なので、長く保管や飾っておくことができるのはメリットなんですが、色が褪せてしまったり、ホコリが溜まってしまったりすると急に汚く見えてしまいます。手入れの必要がないので比較的、放置しがちになってしまうこともデメリットのひとつといえます。また、放置してしますことで季節感がなくなってしまします。真冬なのにヒマワリが飾ってあったり、秋なのに桜が飾ってあったりと、アーティフィシャルフラワーを飾ってることを忘れてしますとそういったことがおきてしますので注意が必要です。

さいごに

アーティフィシャルフラワーは種類も豊富でお花だけではなく、葉っぱや枝、多肉植物、エラプランツなどもあり、変わったものだと流木もあります。価格は少し高めですが、ホコリや色褪せ、汚れなどに注意すれば長期間の保管ができるのでコストパーフォーマンスはいいと思います。

また、保水をすることが必要ないのでアイディア次第では幅広いフラワーデザインができます。イベントの際だけに使用したり、逆に普段はアーティフィシャルフラワーを飾っておいて、特別な時は生花にしたりと用途によって使い分けることもできます。一度、フラワーデザインされたアーティフィシャルフラワーも分解が可能なら新しくデザインし直すこともできます。

最新情報をチェックしよう!