アレカヤシってどんな葉?花言葉・由来・種類について!!

学 名Dypsis lutescens
分 類ヤシ科 クリサリドカルプス属
原産地マダガスカル
和 名アレカヤシ 黄金竹椰子(こがねたけやし) 山鳥椰子(やまどりやし)
英 名yellow butterfly palm(イエローバタフライパーム) Areca palm (アレカパーム)
花言葉元気 勝利 など
出回り時期周年
水揚げ方法湯あげ 水切り

どんな葉?

マダガスカル島のボルボン島が原産のアレカヤシは、古い学名で、和名では、竹のような幹が株立ちになって、全体的に黄色味があることから黄金竹椰子(こがねたけやし)や山鳥椰子(やまどりやし)という名前があります。

また、属名のクリサリドカルプスは、アレカヤシが乾燥地に適応することから、乾くという意味のdipsaoが由来といわれています。

日本に来たのは明治末ごろと言われれいます。

アレカヤシの花言葉

【元気】【勝利】

長く楽しむには?

アレカヤシは丈夫な葉なので特に何もしなくても長持ちします。枯れる時は葉先から黒く変色してきて、見た目が悪くなるので、その時は黒く変色した部分をカットすると見た目がよくなります。

関連記事

せっかく買ったり、貰ったお花がすぐに枯れてしまったら、残念ですよね。中にはお花は枯れたら捨てるって割り切ってる方やなるべく長持ちさせたいと思ってる方もいらっしゃいます。今回はお花を長持ちさせる方法をお話ししたいと思います。お花を[…]

アレカヤシの種類

切り花で出回っているアレカヤシの種類は少なく、違いもそんなに変わらなく、違いは大きさになります。アレカヤシはもともと大きなグリーン(葉もの)なので小さめといっても、それなりの大きさになります。大きなものは2メートルほどになります。

  • アレカヤシ
  • ケーンファーン など

さいごに

どちらかというと観葉植物として、一般的には人気もあり、知名度が高いアレカヤシですが、グリーン(葉もの)として切り花でも流通して、ポピュラーな花材です。

大きな葉ですが、細い葉がたくさんついているので空気感があり、爽やかな雰囲気が魅力的です。

ご自宅で飾る際には、大きさをいかして一枚でも存在感がありますし、大きな花瓶に数本まとめてもいいと思います。また、丈夫で保ちもいいので、長い期間楽しむことができます。

フラワーデザインで使う際には、大きいデザインには使いやすいですが、小さいデザインの場合は、葉を小さくしたり、間引いたりと少し葉を加工して使うと使いやすくなります。アレカヤシは、アイディア次第でいろんな使い方ができます。

おすすめ書籍

最新情報をチェックしよう!