フラワーアレンジメント!!なんとかスタイルと言っても基本はどれも一緒!!

ヨーロピアンやアメリカンなどとフラワーアレンジメントやブーケには様々なスタイルが存在がします。日本にはいけばなという独自のスタイルがありますが、これに関してはフラワーデザインとは作り方が異なるので違いますが最近ではフラワーデザインの要素を取り入れているので、似てるところもあるかもしえれません。

このスタイルって見た目意外に何が違うの?って思ったことないですか?スタイルの謎を僕なりに考えてみましたが、結局、フラワーアレンジメントの基礎的な技術は変わらないという結論になりました。

スタイルって?

それでまずはスタイルって結局は何?ということなんですが、これはアバウトな考え方なのでこれだとは、なかなか言っているところは少ないかもしれません。というよりアバウトにしておかないと自分で自分の首を絞めてしまうってことになるかなと思います。

スタイルことに関してはいろんな考え方があると思いますが、僕個人的に考えるスタイルは一言で言ってしまうと【制約】になります。

フラワーアレンジメントを作るまたはデザインするのは自由です。何をどうのようにしても基本的は大丈夫なのですが、スタイルがあると、このようにしなければならないという感じで決まりを作ることになります。

と、これがよくフラワーアレンジメントで言われている、なんちゃらスタイルのことですね。

本当は、これをしないと制約することがスタイルなんではないのかなと思います。

なんとも説明しづらい部分なのですが、〜をしなければならないは、選択肢をすぼめた感じで、〜しないは、その選択肢を除外した感じになります。

さらに分かりづらいですね。〜をしなければならないは他動的で、〜しないは主体的な考えかなと、せっかくなら主体的なスタイルでフラワーアレンジメントを楽しむとより楽しくなるかなと思います。

フラワーアレンジメントの基本

いろんなスタイルがフラワーアレンジメントにはありますが、結局のところ基礎的な部分ではどれも一緒です。

というよりも基礎ができてれば、あとは考え方の違いなので、ぶっちゃけどんなスタイルでも簡単にできると思います。なのでフラワーアレンジメントを学ぶ際には、まずは難しいそうに言っているテクニックや理論なんかよりしっかり基礎の部分を教えてくれるところで学ぶといいと思います。

最悪なのはなんとかスタイルってスタイル推しで基本すらわかってないようなところですね。僕自身がそう言ったところで学んだことはないですが、見た感じは多いかなと思います。

基本をしっかりできればどんなスタイルでもできる

先ほども少し触れましたが、フラワーアレンジメントの基礎ができれば、どのスタイルのフラワーアレンジメントもできます。

これは間違いない事実かなと!!

スタイルから学ぶと他動的な考えになりがちになりますが、基礎を学ぶと主体的な考え、そしてスタイルになります。ようするに自分でスタイルを選ぶことができるようになります。

ちなみ、僕が考えるフラワーアレンジメントの基礎は2つだけです。

  • 花材を吸水性スポンジなどに刺すこと。
  • 花材を思った通りの位置に配置すること。

になります。いろいろ考えてフラワーアレンジメントに作る上で絶対に必要な要素だけを残した結果、この2つだけになりました。

こう思うと、フラワーアレンジメントって簡単だなと思われるかもしれませんが、あとはどこまで突き詰めるのかで難易度は変わってくるかなと思います。

例えばコンマ数ミリの誤差なく花材を配置するなんてのは、もう職人中の職人レベルになってきますので、この辺りの考えは今回はおいておきます。

微々たる違いのフラワーデザインのスタイル

現在、どのフラワーアレンジメントのスタイルは、いろんなのを取り入れすぎて、どれもあまり変わらない感じがします。

見た目的な部分は、たしかに違いはあるのですが、技術部分では変わりはないかなと、ということは花材や資材が揃えれば、誰でも実現性が高いということになります。

綺麗なフラワーアレンジメントは花材選びでほとんど決まるとも言われている程なので同じような花材が揃えれば、どんなスタイルでも真似することは、基礎がしっかりしていると簡単になってきます。

自分自身が好きなスタイルが一番

ということで、基本がしっかりできていれば、スタイルを真似ることは簡単なので、基本をしっかり取得して、といってもそんなに時間はかからないと思います。要するに短期集中でしっかり密に勉強することが重要になってきます。

そうすることで、自分自身が好きなスタイルのフラワーアレンジメントも簡単に作ることができますし、そこからオリジナルのスタイルにしたり、変化を加えたりとフラワーアレンジメントを作る楽しみが増えてくると思います。

さいごに

フラワーアレンジメントのなになにスタイルは基本的な部分はどれも同じことが多い(いけばなは別)ので、好きなスタイルのデザインを選ぶといいのですが、どのスタイルのデザインでも基礎ができていることが、やっぱり重要になってきます。

フラワーデザインを長く楽しんで上達したいという人は、一度、基礎の部分をしっかり学ぶとより楽しめると思います。

  • 花材を吸水性スポンジなどに刺すこと。
  • 花材を思った通りの位置に配置すること。

基本的にはこの2つが僕の中では基本なので、習わなくてもご自宅で練習することも簡単かなと思いますので、最近あまり上達しないな、もっと自分でデザインしてみたいななどなど思っている方は、一度これらをしっかりマスターしてみるのもいいかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!