コロナ緊急事態宣言でどうなるお花屋さん!?ちょっとそのあたり考えてみる!!

  • 2020-04-16
  • 2020-05-24
  • blog

現在、世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルスは、いろんな影響を社会に与えています。

拡大防止のため、不要不急の外出を避ける緊急事態宣言が出るほどなので、この事態を知ってない人の方が少ないと思います。

そのあたりのウィルスのことだったり、政治的なことは僕には分かりませんが、今回はこの事態を受けてお花屋さんの今後を考えてみたいと思います。

長期間の制限で起こる影響

まずは、およそ1ヶ月という長期間にわたり、行動が制限されてしまうことというのが、大きな影響が出てくるかなと思います。

今回のように外出があまりできなくなると必然的に自宅で過ごすことが多くなりますし、買い物も必要最低限になってくるかと思います。この辺は地域によっても変わってきますし、人それぞれの危機感によっても変わってくるかと思います。

ちなみに僕が住んでる地域は、都心に仕事で行く人も多いところですが、逆に平日の昼間にコンビニ、家電量販店、本屋とかいつもよりお客さんが多い気がします。テレワークなどになって時間が自宅で仕事をしている人なんかで増えているのかなと思います。

さて、話を戻しますが外出が制限されると、必要なもの以外手に入れなくなってきます。不必要なものは買わなくなり、それが長期間あるとないことが当たり前というのに慣れてしまい制限がなくなった後も買わないということが起こり得るのかなと。

ここが結構重要で人それぞれ必要なものって変わってきますが、その中にお花が入るのか?というところがポイントになってきます。わりかし、経済が不安定になると経費削減のために削られてしまう花なので、普段何気なく飾ってた人が、この期間に飾るのをやめたら、ないことが当たり前になってしまうなんてこともあり得るかなと思います。

てことは逆もあり得る?

ということは、逆もありえるのではないか?と思うんです。

この期間で花の魅力に気付いて自宅に飾り始めた人は、必要不可欠なものになる人もいてもいいと思います。

しかし、ここで障壁になるのが不要不急の外出になるのかなと、コロナに感染したい人は、おそらくいないでしょう。ある意味リスクを犯して花を買いにいくのか?というところになります。

けれど、お花を飾ることで気分が和らいでストレス軽減につながる人も多くいると思います。花の魅力を伝えることができれば、単刀直入に言ってしまえば、花が売れるということに繋がる可能性もあるかなと思います。

そして、この1ヶ月という長い期間の間に、自宅に花があることが当たり前になってしまえば、その後に需要も見込める可能性はあるかなと思います。

そんなに上手くいくかはわかりませんが可能性はあるかと思います。

問題点をクリアすれば兆しがある

さて、ここで問題になってくるのは感染リスクというところですよね。

感染したい人はいないと思いますし、なるべく感染しないような行動をとるのも感染拡大防止にも繋がります。

買い物に行けない!!ということが問題の部分になるかと思います。

買い物ができないといっても、現在ではネットでほとんどのものは買うことができます。もちろん花も買うことができるので、必要なものがあればネットで買うでしょう。というより買い物に行けない今、ネットでの買い物の方が需要が高まってきてるのではないでしょうか。

じゃあ、ネット販売すればいいのかというと、まぁそうなんですが、そんなにすぐに結果が出ないのがネットの世界。今すぐに始めても、たぶん上手く活用できる頃ぐらいにはコロナは収束しているでしょう。

ネットの頼らない

ネットに頼らなくてもできることはあると思います。ポイントになるのは「感染リスク、感染拡大防止のための不要不急の外出」になります。

人との接触が感染の原因になるかと思いますので、配達をメインで打開できないのかなと思います。

いや、そのまんまじゃんと思いますよね。そのまんまなんですよ。

しかし、配達も人との接触があるので、嫌がる人もいるかと思います。その辺は自宅の前に置いておくとかポストに入れておくなどして、防止することは可能かと思います。

ネットやSNSを普段から使って情報発信をしているお花屋さんは、そのツールを使って花の魅力と配達しますを伝えれば需要減少は多少でも抑えられると思います。

もし、そういったツールを使っていない場合は、店先にPOPを貼ったり、ポスティングしていくといいのかなと思います。家に長くいる人が多いのでポスティングでチラシが見られる可能性は高いと思いますし、人と接触したり3密のリスクもないので効果的かなと思います。

さいごに

今の現状を打開する方法は、少なからずあるかなと思います。

最近ではネットを活用して、楽に成果をだそうとする人も多いかと思いますが、実際はそんなに甘くなくて効果が出るまでにある程度の期間が必要になってくるので必要になったからといって急にやってもすぐに効果は出ないでしょう。

即効性のあって現実的なのは、地域の身近な人にアピールすることだと思います。意外に近所の人が近くにお花屋さんがあることを知らないなんてことも多いです。

また、緊急事態制限の解除は母の日直前です。

店自体の営業をしていないお花屋さんもあるかと思いますが、売り上げがないのに忙しいというお花屋さんも多くなり、正直しんどい期間かもしれません。

また、今回の母の日は直接会うのは自粛してプレゼントのみって人も増える可能性は高いのでしっかりアピールすれば、需要は保てると思います。

こういう時は、ご自身の近くにお客さんに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!